ドラゴン桜から学んだ「ありのままの自分」だとビジネスは失敗する話

どうも、こうせいです。

 

最近、ドラゴン桜というドラマを読みました。

というのも2020年の夏にシリーズの続編が放送されるらしいので

それにむけて最初のシリーズも見てみよう!と思って

夕方からドラマ見つけて、倍速で一気に見てきました。

 

原作は漫画らしく、結構有名な作品なので知っている人もいるかと思います。

 

知らない人のために内容を簡単に話すと、

偏差値30台の高校生が1年間で日本最難関と言われている東京大学に合格をするのを目指す

というかなりハチャメチャなストーリーで、

 

勉強ができなければ夢もない、根性もない、

毎日悪さばかりしているような高校生が

東大合格を目指して奮闘していく姿が面白いし、

一度でも受験をしたことがある人ならば共感できるんじゃないかなと。

 

山Pとかガッキー、長澤まさみ、紗栄子、小池徹平、中尾明慶など

今でこそ有名な俳優や女優が一度に集結しているのも見所です。

 

 

個性なんていらないんだよ!型にハマってしまえ!

 

ドラマの中で、受験生たちが何をしたのか?というと

志望校を東京大学だけに絞って、

受験の傾向と対策を踏まえた上で、とにかく反復練習をしていきます。

 

全ては、受験勉強という戦争で勝つための「型」を身につけていくためです。

 

割と最初の方で生徒役の山Pが、

「俺、受験勉強とか何かに縛られるの嫌いなんだよね〜」

というセリフを言う場面があって、

 

そこで主人公の桜木演じる阿部寛が

「素のままの自分からオリジナルを生み出せると思ったら大間違いだ!」

「創造するってことはまずは真似することから始めるんだ!」

と言い放つシーンがあります。

 

これってビジネスでも勉強でもめちゃくちゃ大事なこと言ってます。

 

確かに、今の若者は個性を大事にしている人が

昔と比べて多い気がするし、Youtuberなんかに代表されるように

これからは個人の時代がくるので、個性ってかなり重要視されていると思います。

 

しかし、最短最速で結果を出すためには

個性を捨てて、自分のプライドも捨てて、まずは型から学んだ方が圧倒的に早いです。

 

 

僕はハマってしまって10話分くらいを一気見したのですが、

なんでこんな風に、引き込まれてしまったのかというと

偏差値30程度の高校生が受験を通して、

人生を変えてやろうというやる気やストーリーはもちろんのこと

 

成功までの型を無意識に求めているからだと思うんですよね。

 

僕が読書は毎日するようにしていて、たまに書店などをぶらつくのですが、

ビジネス系の本のコーナーを覗くと、「成功するための本」

「仕事の効率を上げるための本」「コミュニケーション力を高める本」

などが所狭しと並んでいます。

 

他にも、英語力を高める、思考力を高める、株で一発逆転する・・・

種類が本当にさまざまです。

 

なんで、こんな本がたくさんあるのでしょうか?

 

 

みんなが勉強熱心だからでしょうか?

 

 

確かにビジネスで言えば、

学んで行動してを繰り返せば収入を得ることができるので

この世界で稼いでいる人はみんな勉強熱心だと思うし、

 

僕のメルマガに登録していただいた方とか、

今こうしてブログを読んでいただいている方もかなり勉強熱心な部類だと思います。

 

 

しかし、世の中の人みんながみんな勉強熱心かと言われるとそうでもないです。

大学生でテスト意外で勉強している人って少ないし、

社会人で勉強をしている人ってなるともっと少ないです。

 

 

それはみんな目標を達成するための「型」を探しているからだと思うんです。

こうすれば簡単に成功できてしまうという型が欲しい、

つまり潜在意識的に楽をしたいと考えているからなんです。

 

本当の楽を実現するために「型」を学ぶ

例えば、福岡から東京に行くときどうやっていきますか?

 

車で行くよりは、電車で行きたいし、電車で行くよりは、新幹線で行きたいし

新幹線よりは、飛行機でいきたしいし、なんなら自家用ジェットで行きたいですよね

 

 

これはだれもが思うことだし、

楽して成功したいと思うのは人間として当然の欲求だと思うんです。

だからそこに関しては、僕も感じているし恥ずかしいと感じる必要性はゼロです。

 

要は、楽してかつ早く成功したいなら「型」を学ぶのが良いです。

 

ただここでの「楽」はコピペで稼げるとか、

1日10分で月収50万円稼げるとかとった楽ではありません。

 

コツコツとブログを書いたり、メルマガ書いたり、動画をとったりしながら

資産を積み重ねていき、

最終的に不労所得を手に入れて、「楽」をしよう、という意味です。

 

ビジネスには努力は絶対に必要なのはいうまでもないですが、

学ぶ時はまずは型を学ぶべきです。

 

そしてネットビジネスにも、成功までのある程度の鉄板ルートが存在していて

それにそって行けば一番効率がいいんです。

 

 

しかし、この世界では自己流に走ってしまう人がたくさんいます。

初心者が自己流でビジネスをやっていくということは

航海術を知らないのに船に乗って冒険しようぜ!と同じようなことです。

 

 

突然の嵐が来たとき、船の上での食糧が無くなったとき、怪我をしたときなど

何をしたらいいのかわかりません。

何もできないから、海の上で絶望して、そのまま死にます。

 

ONE PIECEのルフィのように戦闘力が計り知れないなど

すでに何か特別な才能を持っていれば話は別かもしれないですが

 

 

僕のように、特に何もできない凡人が成功するためには

パイオニアになって新航路を開拓することではなくて、

すでに成功する事がある程度担保されている航路で

成功までの道を歩んでいくということをしていくべきです。

 

 

こっちの方が圧倒的に効率が良いし、なにより最後には楽できますから。

そういった意味でも、最初の段階で「個性が大事」とか「独自性が大事」とか

言って行動できていないのは確実にナンセンスです。

 

 

もちろん情報発信をしていく中で差別化とか独自性とかは必要であり、

ビジネスをしていく上でのキーワードになってきます。

 

しかし、そこにもしっかりとしたマインドセットとか型があるので

まずはそこから学ぶ必要があります。

 

 

僕が今情報発信をできているのも型を学んだということが大きいです。

僕も始めは自己流でやってしまっている節がありました。

ブログをとにかく無思考で量を書いていたし、

おかげで100記事くらいは無駄にしたと思います。

 

 

何に影響されたのかは知らないけど、とにかくやりたいことをやっていました。

 

 

どうなったのかというと、結果はほとんど出ませんでした。

そりゃ当たり前です、方向性が大きく逸れていますからね。

 

俺って無力なんだなーと痛感して

「もう、真似しよう。自己流は辞めよう」と思いました。

 

 

なのでこれをみている方には、

素直になって「型」にハマることを全力でオススメします。

個性は型ができたら自然とできあがっているモノなので

型を信頼してやってもらえればいいなーと。

 

 

最初はとにかく成功者のブログを読みまくる、音声を聞きまくる。

ビジネスの情報をシャワーのように浴びて欲しいと思います。

僕は今でも暇さえあれば、本読んだり、音声聞いたり、記事読んだりしています。

 

結果がでていないのはインプット不足であり、

それに伴ってアウトプット不足な場合がほとんどです。

 

という訳で、今回はドラゴン桜を見て

「個性を捨てて、型にはまれ!」という話をしていきました。

ビジネスを始める人はとにかく真似すること、は最低限意識してみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

電子書籍を無料でどうぞ

僕は現在、大学生をしながらビジネスで生計を立てています。

才能があったわけでもなく、環境に恵まれていたわけでもありません。
元々苦学生でお金がなく、
バイトでも仕事ができないヤツで有名でした。

そんな状況からビジネスに挑戦して、
空いている時間を使って真剣に取り組んだら
お金を稼ぐことができ、バイトも辞めることができ
日々の生活の充実度や自由度がかなり上がりました。

日々のビジネスを勉強する過程で、

ネットに仕組みを作る方法や、
仕事の生産力を高める方法
思考力を高める方法
戦略を立てる方法
コンテンツとメディアを駆使して価値を届ける方法

etc・・・

学校では絶対に教えてくれないことを
20歳を過ぎてから学ぶことができました。

これまでの自分の経験や体験を踏まえて、
たとえ才能がなかったとしても、環境が良くなかったとしても
正しく勉強して、知識を得て実践することができれば
誰であろうと資産を作りながら自由になれると胸を張って言えます。

 

そういった人たちが1人でも増えていけば
至るところで価値を生み出すことができる個人が増えて、
日本中がもっと面白くなり便利になり、
世の中はもっと面白く変わっていくはずです。

 

そんな理想を掲げて、
僕がこれまでの経験を元にして
全くゼロの状態からどのようにして今の状態になったのか?
そのプロセスを1冊の電子書籍にまとめてみました。

 

「ビジネスの世界への最初の教科書」として
ぜひ読んでみてください。
15分ほどあればサクッと読めてしまいます。

→電子書籍「真の自由と成功への道標」を読んでみる

メールアドレスを入力していただければ、すぐに読むことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です