【初心者必見】ブログ書き方のコツと書けない原因を徹底解説

こんにちは、こうせいです。

 

僕がブログを始めた当初は

いざパソコンの前に座っても全然打つ手が進まずに、

1日中やっていたのにほとんど書けなかった・・・

なんてこともありました。

 

机に座って、パソコンを開いてみたのはいいものの、

書くネタなんて思い付かずに、

SNSをチェックしたり、Youtubeをダラダラみたりして、

ただただ時間が過ぎてしまうんですよね。

 

自分の才能のなさとかに落ち込んだりしたし、

なんてブログを書くのは難しいことなんだ!!

と思ったこともあります。

 

ただ、ブログを書けない、つまり文章が書けない人って

必ず原因があるし、そこを改善していけば、絶対に書けるようになります。

 

僕も最初は1000文字のブログを書くのに、

半日かかっていたくらいでしたが、

 

今では1日5記事くらい書いた時もあるし、

それなりに人に読んでもらえる文章を書けるようになってきたのかなーと。

 

ということで、今回はブログがなかなか書けない、

文章を打つ手がいつも止まってしまう。。。

そんな人に向けて原因を対処法を解説していきたい思います。

 

なぜ書けなくなるのか?の原因4選

僕の経験をもとにして考えてみたり、

人から聞いたりする中で、最もありがちなパターンは

「マインドブロックがかかっている」です。

 

だから、才能とかの問題ではなく、

マインドとかコツとかちょっとした努力の違いです。

 

具体的にいうなら、

・完璧主義になって全然書けない

・書くためのネタがストックされていない

・他人の目を気にし過ぎている

・そもそもブログへのモチベーションがない

この4つに集約されると思います。

 

そして、4つとも僕が経験済みです。笑

 

自分の体験談とかエピソードとかを交えながら

書いていきたいと思います。

 

1,完璧主義になってしまっている

 

多分これが、ブログが書けないと悩んでいる人に

一番多くみられる原因です。

 

完璧主義はビジネスをやる中では毒でしかないし、

もう、病気みたいなものです。

 

具体的には、ブログの文章の装飾ばっかりを気をつけたり、

綺麗な画像を作ったり選んだりするのに時間をかけたり、

何度も何度も書き直して、結局公開しなかったりですね。

 

これをやってしまうと、更新頻度が落ち込んでくるし、

頑張ってやっている割には、コンテンツの数がめちゃくちゃ少ない

なんてことになってしまいます。

 

サクサク書けるようになると、1日5記事書くことだって

できるようになってきますが、

完璧主義になると、まる1日やって1記事も書けなかった・・・

なんてことはよくある話です。

 

僕も最初はもれなくこの完璧主義が発動していたので、

上手くいっている人の文章とか記事を真似しよう、

と思っていろんなブログを覗いていました。

 

すると、月収500万ほどを毎月安定的に稼ぐ

ある人のブログに行きついたのですが、僕がそこで衝撃を受けました。

 

実に、不完璧なブログだったんです。

 

装飾なんて特にしていなくて、ブログのアイキャッチ画像なんて、

たぶん無料の画像サイトから引っ張ってきたやつをそのまま使っていたし、

何より感じたこととか学んだことを自由気ままに書き殴っている印象でした。

 

それでも、月に数万アクセルは集まっていたし、

年収だと5000万は切ることがないそうなので

さらに驚きです。

 

その時に、「ブログって完璧じゃなくてもいいんだ、、、」

と思ったし、そっちの方が面白いよなー

なんて思いました。

 

SEO対策をゴリゴリにして、計算し尽くされた完璧な文章よりも、

思ったことを素直にストレートに書いた文章の方が、

読んでいて面白いし、ファンになってくれる人が増えます。

 

確かに、SEOからアクセスを流すのは大事ですが、

薄いアクセスだけ集めても、収益には繋がりにくいです。

 

それよりも、濃いファンを作ってリピーターになってもらって

口コミで紹介された方が絶対に収益が上がるし、

それが僕らマーケターのやるべき仕事です。

 

当時の僕からしたら驚きもありましたが、

どちらかと言えば、ショックの方が大きくて、

「こんなに完璧目指してやってたのに、ほぼ意味なかったなー」と思いました。

 

だから結論、「完璧主義<<<<<<<<<<<不完璧主義」です。

 

もう綺麗に書こうとかは、ただの害悪でしかないし、

最初はある程度のコンテンツ量が必要になってくるので、

ドンドン公開してしまいましょう。

 

自分の素直な感情とか、ストーリーとか想いとかを

書き殴る感じで書いていけば、ファンが生まれていき

コンテンツが増えていくたびに収入も伸びていくはずです。

 

 

2,書くための知識がない

書くためのネタがない、という人も

完璧主義の部分があったりします。

 

正直ですね、ネタなんてなんでもいいんですよ。

 

例えば、僕はスタバか家か学校の図書館で作業することが多いですけど、

「ネットビジネスで集中できる環境作りのコツ」

みたいな感じで1つのブログが書けると思うし、

 

昨日は、レッドブルを飲んだんですけど、

レッドブルのマーケ戦略を書いたりもできるし、

 

時事ネタから自分が感じたこととか学んだこととかを書いてもいいし、

ちょっと本を読んでその本のレビューを書くのもいいと思います。

 

本ならば人気の本っていうのは

それだけみんなが興味を持っているし、人が集まりやすいので

それだけでもアクセスが集まるようになります。

 

例えば、僕ならこの辺の記事ですね。

『ゼロ秒思考』のレビューと1日10分を半年続けたら別人になった話

【書評】「GACKTの勝ち方」から学ぶ、人生をマネタイズする生き方

ストレスや悩みが消えていく『反応しない練習』のレビュー

 

ただただレビューしているだけですけど、

アクセスが集まるし、ファンになってくれる人も出てきます。

 

たまには気合を入れてガッツリ書く時もありますが、

普段のブログだったら、もっと気軽に肩の力を抜いていいと思いますし、

僕もこの記事は横でカフェオレを飲みながら

カタカタとパソコンを叩いて書いています。

 

これも自分が思ったことを書いているだけですが、

十分なコンテンツになっているかなーと。

 

もうここは慣れが必要なのですが、

最初は、バイトでの愚痴とか仕事での愚痴

上司がうざい、給料が安い、だのを書き殴ってみるといいですよ。笑

 

ただの愚痴を吐き出した記事かもしれませんが、

共感しれくれたらあなたのことを信頼してくれるし、

書き殴った時の方がいい文章が書けることもしばしばです。

 

あと、マジでネタがない!となったら

僕のブログは全然真似してもらって大丈夫です。

 

さすがにコピペは、犯罪だしライセンス違反ですが、

僕のエピソードとかを参考にしながら

書いてもらうのとかはOKですし

僕も実際に何人かの人のブログを真似して書いているだけですからね。

 

 

3,人の目を気にし過ぎている

これも初心者あるあるで。

最初って周りからの目が気になって気になって仕方ないのかなと。

 

僕はビビリなので、誹謗中傷がきたらどうしよう、

アンチコメントがきたらどうしよう、と怯えてしまって、

全然更新できなかったことがありました。

 

でもですね、よくよく考えたら

自分のブログを最初にみられることなんて

ほとんどないんですよね。

 

だってこの世の中にブログなんて無数にあるし、

最初はアクセスも少ないし、

それを自分の近い関係の人がわざわざ見つけて読むか?

と聞かれたら、答えはほぼNOですよね。

 

仲の良い友達には、ブログを使った情報発信してお金を稼いでいる、

と言っていますが、

それ以外の人に言っても

「何それ?稼げるの?」みたいな返事しか返ってきません。

 

もう安心して、とりあえず良いと思ったものは

どんどん書いて公開していけばいいやん!!と感じました。

 

というかまだ、起こってもない問題について考えたところで、

ほとんど意味ないし、それがまだ知識もない経験もないような

初心者の頃だったらなおさらです。

 

自分のブログなんて最初はそもそも読まれないから問題ない、

という気持ちを持って始めましょう。

これだけでもマインドブロックが外れると思いますよ。

 

4,書くためのモチベーションがない

 

モチベーションの問題もかなりわかるし、

実際に僕もブログを書くモチベーションは今もそんなに高くありません。笑

 

だって普通に面倒じゃないですかね?

これは個人差がありますが、僕はブログだけ書きまくるよりは

動画だけ撮りまくる方が好きなタイプです。

 

外注化できるなら良いんですけど、

自分のエピソードって深いところは自分にしか分からないし、

僕が書くことでこのブログに価値が生まれます。

 

情報発信って属人性が高いので、

資産になるし、コスパ最強だし、再現性も高いし、

個人でも年収1000万とか5000万、1億くらい稼ぐ人もゴロゴロいるし、

自由に暮らすためなら、もってこいのビジネスなんですけど

外注化はほぼできないのがネックです。

 

まあ、ネットでマーケティングが仕掛けることができれば

リアル店舗でビジネスをしてもうまくいくんですけどね。

 

で、僕がモチベーションがないときにやることは

・とりあえず小さくでも良いから動く

・場所を変える

ですね。

 

場所を変えるですが、モチベが上がらない時は、

よくカフェに行って作業をします。

 

最近は行っていないですが、カフェにいって1杯500円ほどの

飲み物を注文するのですが、こうなると

せっかくお金を払って良い環境にいるんだからもったいないやん!!

と思って、強制的にでもスイッチを入れることができます。

 

家でも、とにかく最初は編集画面を開いて、

こんにちは、〇〇です。の挨拶と

できれば、タイトルと見出しを決めてしまいましょう。

 

するとやっているうちにモチベが上がってきて

気付いたら書いているなんてこともあります。

 

あと、僕が意識しているのは無駄な思考は挟まないこと。

 

人間はめんどくさい未来を想像するとモチベが下がる生き物なので、

とりあえずやってみるのが一番効果があります。

 

ランニングに行く時も、

とりあえず着替えてシューズ履いて外に出てみれば良いし

最初は走らなくてOKです。

 

筋トレもとりあえず着替えて、腹筋ローラーから始めるのが

僕のルーティーンだし、

読書もとりあえず2〜3Pだけ読んでから、読み続けるかどうかを決めます。

 

ビジネスもブログも筋トレも読書もランニングも全て一緒で、

最初のきっかけがあれば、あとは勝手にでも動き出していきます。

 

とにかく小さくで良いので、とりあえずやってみてください。

 

まとめ

 

・完璧主義になると書けなくなる

・ネタはなんでも良いし、真似してもOK

・最初はみられないから人の目なんて気にしなくて良い

・モチベがないときはとりあえずやってみる

 

と言ったことを話していきました。

 

今回の話をまとめると「もっと気楽に書いて良い」になるのかなと。

 

で、ブログがかけない、文章が書けないと悩んでいる人は

たぶん、真面目な人たちばかりですし、僕もけっこうな真面目です。

(外見はチャラそうと言われますが・・・)

 

だからこそ、とりあえずやる、みたいな

気軽な気持ちを持ってほしいし、

そもそも他人はそんなにあなたのことを見ていません。

 

仮に知ったとしても、3日後には忘れているし

人間の記憶ってそんなもんだし、

それより、読者の方にどれだけ価値提供できるか?が大事です

 

早く成功するためにはスピード感が必要ですが、

気軽に資産を作れる人がどんどん成功していくし

世の中ではそっちの方が優秀だったりします。

 

僕でもためには完璧主義が発動するので、

気軽な気持ちでフットワークを軽くして、

情報発信をしていきたいなーと思います。

 

ではでは!

 

P.S.

動画でも話しています。

 

電子書籍を無料でどうぞ

僕は現在、大学生をしながらビジネスで生計を立てています。

才能があったわけでもなく、環境に恵まれていたわけでもありません。
元々苦学生でお金がなく、
バイトでも仕事ができないヤツで有名でした。


そんな状況からビジネスに挑戦して、
空いている時間を使って真剣に取り組んだら
お金を稼ぐことができ、バイトも辞めることができ
日々の生活の充実度や自由度がかなり上がりました。



日々のビジネスを勉強する過程で、

ネットに仕組みを作る方法や、
仕事の生産力を高める方法
思考力を高める方法
戦略を立てる方法
コンテンツとメディアを駆使して価値を届ける方法

etc・・・

学校では絶対に教えてくれないことを
20歳を過ぎてから学ぶことができました。


これまでの自分の経験や体験を踏まえて、
たとえ才能がなかったとしても、環境が良くなかったとしても
正しく勉強して、知識を得て実践することができれば
誰であろうと資産を作りながら自由になれると胸を張って言えます。

 

そういった人たちが1人でも増えていけば
至るところで価値を生み出すことができる個人が増えて、
日本中がもっと面白くなり便利になり、
世の中はもっと面白く変わっていくはずです。

 

そんな理想を掲げて、
僕がこれまでの経験を元にして
全くゼロの状態からどのようにして今の状態になったのか?
そのプロセスを1冊の電子書籍にまとめてみました。

 

「ビジネスの世界への最初の教科書」として
ぜひ読んでみてください。
15分ほどあればサクッと読めてしまいます。

→電子書籍「真の自由と成功への道標」を読んでみる

メールアドレスを入力していただければ、すぐに読むことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です