「最強の食べ方」から学ぶ、ダイエットとビジネスの本質

どうも、こうせいです。

今回は「最強の食べ方」の書評をしていきたいと思います。

書かれていることはなんら、ビジネスには関係ありません。

が、ビジネスやる上で体が資本ということもまた事実です。



完全に個人的な話ですが、先日体調を崩してしまいました。

原因は自分でもわかっています。「食」です。



朝ご飯はろくに食べず、昼ご飯はカップラーメンなどで済まし、

夜ご飯は、友達と外食したりコンビニ弁当ですまし・・・・

 

まあこんな事をしていたら、体調が悪くなるのも納得出来ます。笑



でも、食事に関してはほとんど知識が無くて、

自分の好きなものばかり食べていました。

 

ちゃんと食事から改善していこうと思っていたところ、

この本を見つけたので読んでみることにしました。



 

作者はあのTwitterアカウントで有名なtestosteroneです。

僕もTwitterで見ることがあるんですが、

ツイートが面白く、ついつい見てしまいます。

いいねやRTがたくさん付くので、Twitterしてたらイヤでも目に入ってくる位の存在です。



彼は、学生時代に体重が100kgを超えていたいわゆるデブでした。

しかし、留学中に筋トレと出会い、

40kgのダイエットに成功したと語っています。



そして、今度はそこで得たノウハウを使って、ビジネスを展開して

今では、筋トレと栄養学を組み合わせた情報発信を行い、

アジアを拠点に活動しています。



そんな人が出している本だから、興味があって読んでみたんです。

そしたらかなり為になったし、思うことがあったので書いていきます。



最強の食事とは?

 

まず、世間には間違ったダイエットが横行しています。

この間違ったダイエットによる被害者が出ている現状を変えたいと思って

この本が誕生しているといいます。



では、間違った食事法とはいったい何なのか。

それは、なにか特定の食べ物だけを食べていく食事法です。


例えば、バナナダイエットやリンゴダイエット、

寒天ダイエットなどが当てはまります。

これらを摂取することによって、カロリーは抑えることが出来ます。


ダイエットには絶対の法則があって

食べたものの総合カロリー<消費した総合カロリー

が成り立つ時にダイエットは成功します。


当たり前ですが、運動を全くせずに、食べていたら

この法則には反するので、もちろん太っていきます。



さっき言っていた、バナナダイエットやリンゴダイエットなどの

食事制限はカロリーを抑えることはできますが、

タンパク質が圧倒的に不足します。



タンパク質を取らないと筋肉の分解が起きます。

筋肉が落ちると代謝が落ちていきます。

この代謝は何もしなくても、日常的に消費されるカロリーのことです。



つまり、代謝が落ちると前よりもカロリーを減らす能力が落ちてしますので

結果として、体重が落ちにくく、太りやすい体になってしまいます。





実は、僕自身も受験期に太ってしまったので

大学生になった当初は、バナナダイエットをしたことがあります。

 

あれって、途中で味に飽きてくるし、精神的にシンドイんですよね

このことを知ったときは、ビックリしましたし、

「もう二度とやらんわ!」と心に固く誓いました。



で、肝心の方法が、「マクロ管理法」です。

 

これは、自分の性別、身長、体重、活動量から1日の消費カロリーを出して、

目的にあわせて、タンパク質、炭水化物、脂質の量を決めていくんです。



この計算の通りに食事をすれば、痩せることも、太ることもできる。

これが、マクロ管理法です。

アメリカなんかではもう知られてるようです。



本質からのアプローチ

 

この方法の一番の特徴は、食事の本質を捉えてるということです。

 

先ほども言ったとおり、

ダイエットを成功させるには

「食べたものの総合カロリー<消費した総合カロリー」

の関係がありました。



この法則に従うようにしてマクロ管理法は作られているんです。

 

確かに、小手先のダイエットだったら

すぐに減量できるかもしれませんし、

バナナダイエットなどやればすぐに効果が出てくるかもしれません。



でも、長期的に見たら中々成功しないのは、今までの話でわかると思います。

 

バナナダイエットやリンゴダイエットなどの

小手先のノウハウに騙されてはいけないし、

こういうものに惑わされてしまうと、

長期的に見たときにダイエットに成功していないんです。



ネットビジネスでも同じで

Twitterでポチポチしたら1万円とか、ワンクリックで稼ぐとか

ブログだけで稼ぐとか

といういったノウハウに目を奪われてしまう人が多くいます。




たしかに、すぐに稼げますが、限界点がすぐに見えてきます。

労働する事でお金を生み出しているんです。



じゃあ、どうすればいいか?答えは「仕組みを作ること」です。

 

 

自分が労働しなくてもいいシステムを自分で作ってしまえば良いんです。

そうすれば、自分の時間が増えて、色んなことに挑戦できます。

 

仕組みから報酬が上がるようになるので、

寝ていても、仕事をしていても、旅行をしていても、遊んでいても、

居酒屋でお酒を飲んでいる時も、映画とか漫画を読んでいる時も

自分が何をしていてもお金が発生します。

 

最近は、プログラミングとか動画編集のスキルが注目されていますが、

あれは自分が労働して稼ぐスタイルがほとんどです。

 

誰かから案件をもらって、それをこなしてお金ももらい実績をつけて

さらに大きな仕事をもらっていく・・・という流れです。

 

確かに、スキルとしては魅力的なところがあるし、

これからの情報社会でも役に立つと思いますが、

シンプルにお金を稼ぎたいのであれば、

僕はマーケティングを学ぶ方が効果は高いと思います。

 

マーケの知識があれば、仕組み構築ができるので

ほぼ自動でも収益が上げることができます。

 

あとは、ビジネスの本質がわかっていれば

WEBマーケの知識を生かして、企業コンサルや

個人コンサルもとることができるし、

大手企業にヘッドハンティングされた人もいます。

 

要は、すべてのビジネスに応用が利く本質を捉えることが大事です。

 

本質って結構地味なんですけど、ここを抑えれば

ビジネスはもっと伸びるし、ダイエットだって成功するでしょうし、

何事もうまくいく人になれます。

 

僕のメルマガでは、ビジネスの本質を楽しみながら学べるような

構成にしているので、興味があればぜひ。

 

今回は、「最強の食べ方」の書評から

ダイエットやビジネスの本質の話をしていきました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

電子書籍を無料でどうぞ

僕は現在、大学生をしながらビジネスで生計を立てています。

才能があったわけでもなく、環境に恵まれていたわけでもありません。
元々苦学生でお金がなく、
バイトでも仕事ができないヤツで有名でした。


そんな状況からビジネスに挑戦して、
空いている時間を使って真剣に取り組んだら
お金を稼ぐことができ、バイトも辞めることができ
日々の生活の充実度や自由度がかなり上がりました。



日々のビジネスを勉強する過程で、

ネットに仕組みを作る方法や、
仕事の生産力を高める方法
思考力を高める方法
戦略を立てる方法
コンテンツとメディアを駆使して価値を届ける方法

etc・・・

学校では絶対に教えてくれないことを
20歳を過ぎてから学ぶことができました。


これまでの自分の経験や体験を踏まえて、
たとえ才能がなかったとしても、環境が良くなかったとしても
正しく勉強して、知識を得て実践することができれば
誰であろうと資産を作りながら自由になれると胸を張って言えます。

 

そういった人たちが1人でも増えていけば
至るところで価値を生み出すことができる個人が増えて、
日本中がもっと面白くなり便利になり、
世の中はもっと面白く変わっていくはずです。

 

そんな理想を掲げて、
僕がこれまでの経験を元にして
全くゼロの状態からどのようにして今の状態になったのか?
そのプロセスを1冊の電子書籍にまとめてみました。

 

「ビジネスの世界への最初の教科書」として
ぜひ読んでみてください。
15分ほどあればサクッと読めてしまいます。

→電子書籍「真の自由と成功への道標」を読んでみる

メールアドレスを入力していただければ、すぐに読むことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です