AIの未来と情報発信ビジネス語ってみた

どうも、こうせいです。

 

今回は、世間でも色々言われている

「AIが発達すると僕らの社会はどうなるのか?」

について考えていきたいと思います。

 

世間でも言われているとおりで、AIとか人工知能の発達はめざましいです。

チェスの試合や将棋などのボードゲームで人間を打ち負かしたりと

今でも十分な力を誇っていますが、もっともっと進化を続けていくと思います。

 

 

 

社会を変えるだけの力を持っているのだから、

僕らの将来も変わってくるのは当たり前です。

 

 

特に、仕事はこれから大きく変わってくると僕も思っていて

例えば、タクシーやバスなどの公共交通機関の自動化などです。

 

こんなニュースや報道を見ていると、

「将来の仕事がドンドン無くなってきて、不安で仕方ない・・・。」と

考える人も少なくないと思います。

 

 

でも、僕はこれに少し違和感を感じていて

しっかりと思考が出来る人は生き残っていくと思うんですね。

 

 

そもそも、人工知能やAIの発達で困る人って

それは、今までロボットのように働いて来た人達です。

要は、ほとんど無思考で働いてきた人達が、

これから人工知能やAIに仕事は奪われるかもしれないです。

 

 

 

でも、思考して、クリエイティブな仕事をこなせる人間は

これからの社会でも十分に活躍していけると思います。

 

 

例えば、タクシーの運転手とかも仕事を奪われると言われていますが、

本当に思考の出来るタクシーの運転手はこれからも生き残っていくかと。

 

目的地までの最短ルートを把握して、

さらに良質なお店を紹介することができて、

なおかつ話がおもしろい

 

こんな運転手ならリピーターが付いてきますよ。

 

 

タクシーでリピーターがつくなんてありえない!と思うかも知れませんが

極上の夜のお店とかを紹介してくれるので

名前まで覚えられて、指名で呼ばれる人もいるみたいです。

 

 

こんな風に世間的には色々言われているタクシー運転手も

思考して、今している仕事に一手間加えるだけで、

人間としての希少性が上がり、求められる人材になれます。

 

 

日本の教育上、

機械的にこなす人間の方がたくさん生まれてしまう仕組みになっています。

仕方ないと言ってしまえば仕方ないんですが、、、。

 

 

ここで、「思考のない人間は将来仕事がなくなる」

という事実を知ったからには

自分の価値を今のうちに高めておきましょう。

 

初めは読書でも、英語でも、何でも良いと思います。

とにかくやってみることが大事です。

 

 

その延長線上で、ビジネスで情報発信をしていけばマネタイズできるし

その過程で自分も成長できますよ。

 

 

ドンドン自分の価値を高める努力は、

これからの時代を生きる僕たち

はしておいた方がいいかなーと思います。

 

電子書籍を無料でどうぞ

僕は現在、大学生をしながらビジネスで生計を立てています。

才能があったわけでもなく、環境に恵まれていたわけでもありません。
元々苦学生でお金がなく、
バイトでも仕事ができないヤツで有名でした。

そんな状況からビジネスに挑戦して、
空いている時間を使って真剣に取り組んだら
お金を稼ぐことができ、バイトも辞めることができ
日々の生活の充実度や自由度がかなり上がりました。

日々のビジネスを勉強する過程で、

ネットに仕組みを作る方法や、
仕事の生産力を高める方法
思考力を高める方法
戦略を立てる方法
コンテンツとメディアを駆使して価値を届ける方法

etc・・・

学校では絶対に教えてくれないことを
20歳を過ぎてから学ぶことができました。

これまでの自分の経験や体験を踏まえて、
たとえ才能がなかったとしても、環境が良くなかったとしても
正しく勉強して、知識を得て実践することができれば
誰であろうと資産を作りながら自由になれると胸を張って言えます。

 

そういった人たちが1人でも増えていけば
至るところで価値を生み出すことができる個人が増えて、
日本中がもっと面白くなり便利になり、
世の中はもっと面白く変わっていくはずです。

 

そんな理想を掲げて、
僕がこれまでの経験を元にして
全くゼロの状態からどのようにして今の状態になったのか?
そのプロセスを1冊の電子書籍にまとめてみました。

 

「ビジネスの世界への最初の教科書」として
ぜひ読んでみてください。
15分ほどあればサクッと読めてしまいます。

→電子書籍「真の自由と成功への道標」を読んでみる

メールアドレスを入力していただければ、すぐに読むことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です