今、この瞬間から、自由に向けて準備をしようぜ

どうも、こうせいです。

僕は小さいことからずっと野球をしてきたので

たまに見るテレビとかで野球のニュースとかが流れると結構見てしまいます。

 

今年は甲子園が中止になったりしてちょっと残念ですね・・・。

 

この間、元メジャーリーガーのイチロー選手の動画が

Youtubeにあったのでつい見てしまったのですが、

感じたことがあったので、今日はそれを話していきます。

 

 

プロ野球の選手とかアスリートの方を見ていると、

球界の歴史に名を残している選手であればあるほど、

「準備を徹底」しています。

 

イチロー選手なんかは代表的な例で、

選手としての成績は華々しいことは言うまでも無いですが、

彼の野球へのこだわりは多くの選手がマネをするし、絶賛しています。

 

 

彼は、とにかく準備に余念がありません。

 

 

試合の日に、球場に入る時間帯、練習メニュー、などなど

起床から睡眠にいたるまで、毎回ベストのパフォーマンスを出せるように

同じルーティーンをこなしています。

 

飲み物も、ポカリスエットなどは

「無駄な糖分が入っているから」という理由で飲まずに

ミロや牛乳を飲んでいる徹底ぶりです。

 

 

僕も、現役の頃に、イチロー選手マネをしてジュースを飲まずに

牛乳をがぶがぶ飲んでいた記憶があります。

(引退してからは、毎日のように炭酸飲料を飲んでいましたが笑)

 

そんな彼は準備をすることについてこんな言葉を残しています。

 

「ハイレベルのスピードでプレイするために、ぼくは絶えず体と心の準備はしています。

自分にとっていちばん大切なことは、試合前に完璧な準備をすることです。」

 

これを踏まえて、僕らはどんな準備が出来るのだろうかと

自分なりに考えてみたんです。

 

僕は、いま大学生なので、あと数年すると社会に飛び出して行きます。

でも、多くの学生が社会に出る前に入念な準備なんて特にしていません。

 

何が得意で何が不得意なのかもよくわからないし、

自分のやりたいことが見つかっていないが人がほとんどです。

 

直前であたふたして、周りに合わせるように就職とか進学をして

結局、自分のやりたいことじゃなかった・・・と後悔してしまう。

 

 

就職しても、毎日働きたくない職場に行って、

上司の言う通りに動いて、

仕事でクタクタになって、帰ってきて

死んだように眠り、また朝早くから会社に出勤。

休日はあっという間にすぎてしまってまた月曜日から会社が始まってしまう・・・。

飲み会では、上司の愚痴や給料が低い!と嘆いてばかりだし、

仕事も全然楽しくない。。。

 

少なくとも僕は、そうはなりたくないし、

自分らしく自分のやりたいことで生きていきたいし、

人間としてもっと魅力的な人になりたいです。

 

 

だから僕にとってビジネスをやることは、未来への準備でもあります。

 

 

自分がドンドン成長していきながら、魅力的な良い仲間と巡りあいながら

経済的にも豊かになっていける

その手段として、僕は、ネットビジネスをチョイスしていますし

 

人生100年と言われる時代に、人生を謳歌するために

ブログ書いたりメルマガ書いたり、動画とったりして

コツコツと資産を作っていっています。

 

準備力と言霊主義

 

僕が、最近読んだ本の中に準備力の教訓として

「言霊主義」ということばがありました。

 

これは、僕ら日本人の昔からの考え方で「言葉には霊力がある」というものです。

 

例えば、

「おめでとう!」と祝福を述べれば、自分にも幸福が舞い降りて

「あいつ、マジでなんなん。」と人の陰口を言ったりすると、

不幸が襲ってくるという、信仰の一つです。

 

特に僕ら日本人は、後者の方の束縛に縛られていることがおおく

あってはならないこと、起こって欲しくないことは

無意識のうちに口にしたり議論したりする事をさける傾向にあります。

 

 

これが歴史上で、如実に出たのが日本史における幕末の頃です。

列強が、植民地支配を進めて、世界を席巻してるときに

日本は鎖国状態が続いていて、外国の情報なんて耳にも入ってきませんでした。

 

 

そのおかげで、様々な文化がうまれたのは事実ですけど、

政治の視点からしてみると、日本も植民地にされる危険性がありました。

 

 

初めて、ペリーが日本にやってきたときに

「これに戦うなんて無謀すぎるわ。」と

大きな黒船をみて、誰もが思ったことでしょう。

 

 

でも、この言霊主義が深く根付いていた日本は

ペリーが来てから「1年後また来るよ」という情報をもっていながら

来たるべき、次の来日までなんにも準備していませんでした。

 

 

言霊を信じていたから、「開国を考えるなんて、縁起が悪い!」

という心理が働いて、結果としてなにもできませんでした。

 

案の定、よくわからないまま、言われるがままに、

不平等な条約にも関わらずに、

調停にサインをして日本の経済はおかしな方向へ進んでいきました。

 

これから、わかるように

僕たち日本人古来の考え方が悪い方に働くときもあります。

 

人間だから、現実から目を背けたくなるし

できれば楽に人生を送りたいはずです。

 

 

でも、ここで自分の人生に対して準備をする

ある種のレバレッジをかけることによって

人生は良い方向、良い方向に進んでいきます。

 

僕も、自由になって自分の好きなことに没頭できる、

自分のすきな人とだけ過ごす、心の底から楽しんで仕事をして

ドンドン成長していき、魅力的でカッコイイ人間になる。

 

そんな理想の世界に行きたいから、準備を進めています。

 

 

正直、楽ではないですよ。

「今日はやりたくないなー」とか

「明日でいいかなー」とか考えてしまうことも、もちろんあります。

 

あるけど、それでも虎視眈々と上を目指してやっていっています。

だから、あなたにも準備をして欲しいんです。

会社員とか学生とか、年齢がどうとか正直関係無いです。

自分がかわろう!と思ったその瞬間からコツコツやっていけばいいんですよ。

 

 

僕は、20代ですけどmここまでくるのは本当にあっという間でした。

だからこれから来る10年20年も振り返ったら

あっという間に終わるのだと思います。

 

後悔のないように過ごしたい、やりたいことは全部やりたい、

個人でもお金を稼ぐ力をつけて、何にも縛られずに生きていきたい、

 

その手段として「ネットビジネス」

はかなり良い選択なんじゃないかな?と個人的には思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

電子書籍を無料でどうぞ

僕は現在、大学生をしながらビジネスで生計を立てています。

才能があったわけでもなく、環境に恵まれていたわけでもありません。
元々苦学生でお金がなく、
バイトでも仕事ができないヤツで有名でした。

そんな状況からビジネスに挑戦して、
空いている時間を使って真剣に取り組んだら
お金を稼ぐことができ、バイトも辞めることができ
日々の生活の充実度や自由度がかなり上がりました。

日々のビジネスを勉強する過程で、

ネットに仕組みを作る方法や、
仕事の生産力を高める方法
思考力を高める方法
戦略を立てる方法
コンテンツとメディアを駆使して価値を届ける方法

etc・・・

学校では絶対に教えてくれないことを
20歳を過ぎてから学ぶことができました。

これまでの自分の経験や体験を踏まえて、
たとえ才能がなかったとしても、環境が良くなかったとしても
正しく勉強して、知識を得て実践することができれば
誰であろうと資産を作りながら自由になれると胸を張って言えます。

 

そういった人たちが1人でも増えていけば
至るところで価値を生み出すことができる個人が増えて、
日本中がもっと面白くなり便利になり、
世の中はもっと面白く変わっていくはずです。

 

そんな理想を掲げて、
僕がこれまでの経験を元にして
全くゼロの状態からどのようにして今の状態になったのか?
そのプロセスを1冊の電子書籍にまとめてみました。

 

「ビジネスの世界への最初の教科書」として
ぜひ読んでみてください。
15分ほどあればサクッと読めてしまいます。

→電子書籍「真の自由と成功への道標」を読んでみる

メールアドレスを入力していただければ、すぐに読むことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です