「貯金」ではなく「投資」することでお金を増やそう。

こんにちは、こうせいです。

今回は、貯金にまつわる、ある真実を話していきます。

 

もう結論からいってしまいますが、

それは、「貯金してもお金は増えない」ということ。

 

「は?何言ってんの?」と思った人も多いと思うので、

その理由を今回は話していきます。

 

貯金をするというのは、銀行にお金を預けるということです。

もちろん、銀行の貯金残高は増えていきます。

 

以前の僕は、貯金するとき

「貯めておけば、なにかあったときに安心だな」と思っていましたし、

バイト代とかで、口座の残高が少し増えているのをみて

ちょっとニヤニヤしてしまう自分もいました。

 

 

ただ、ビジネスを学び始めてから、

僕の中の価値観がガラッと変わっていきました。

 

当時はお金がなくてバイトバイトバイトの日々だったのですが、

ふと、このお金は、自分が身を削って得たお金にすぎないんじゃないか?

そう思いました。

 

毎日毎日、ビールを持っていって

食器をあらって、料理を運んで、夜遅くまで働いて・・・・

こうやって、自分の時間を削ってました。

 

生活が苦しくてバイト漬けの日々を送っていた僕の口座でも

切り詰めて切り詰めていけば

少しづつ少しづつ銀行の預金口座が増えていきます。

 

では、何のためにお金を貯めていたのか?

これは間違いなく、「もしもの時のため」です。

 

でも、そのもしもの時っていつ来るんだろ?

と大学生ながらに思ったし、

僕がビジネスを今までやってきて学んだことは、

 

もしもの時なんかにお金を使うんじゃなくて、

自分の知識や経験、情報にお金を使って、

もっと多くの金額を稼げる力をつけること、でした。

 

 

僕ら日本人は昔からなぜか貯金したがる人が多いし

知識や経験に投資するよりも、

口座の残高を増やすことに一生懸命になっている人がほとんどです。

 

ただ、これだと、お金が大きく増えることはないし

少しづつ目減りしていく中で

常に節約しながら生きていくことになってしまいます。

 

それなのに、なぜ僕ら日本人はみんなこぞって貯金をしたがるのか?

 

 

それは今までの義務教育などを通して、

何かあったときのために貯金をしとけよ。貯金すれば安心だぞ。

といった教育を間接的に受けてきたからです。

 

 

日本の歴史において、その”何かあった時”が「戦争」にあたります。

 

実は、戦争を起こすのって、ものすごいお金が必要で

兵士を育成するための費用

武器や船を買うための費用

兵士を遠くに派遣する為の費用

戦っている人達への食料費

などなど

あらゆることにお金がかかり、国の予算を圧迫してきます。

 

 

さらに日本は、太平洋戦争のときには、

1つの国でいくつもの国を一度に相手していました。

(普通に考えたら、勝てる見込みはないんですが・・・)

 

 

で、国は戦争で勝つために、どうにかしてお金を集めたいんです。

でも、直接国民から「今から一人○○万円集めるぞ!」と

言われたところで納得する人はそう多くはないはずです。

 

 

個人に借金を担うことになるので、

後々めんどくさいことになってしまいます。

だから、どうしたのかというと

銀行を経由して、お金を取っていくシステムを使ったんです。

 

 

その教育自体が今も残っていて、

間接的に僕たちは、お金を預けることを教わっているんです。

だから必要以上に貯金をしてしまう。

 

それにたいして金持ちはどうなのかというと

貯金<投資 です。情報にお金を惜しみなくかけます。

 

なぜか?

 

理由は簡単で、知識を得ることが出来れば、

それを次の仕事、次の仕事に生かすことが出来るからです。

 

お金を使って情報を得る

→学んで情報を血肉にする

→利益が出る

→また、情報にお金をつかう・・・

 

 

これがすでに頭でも経験でもわかっているから

お金持ちの人ほど躊躇なく、ポンと払うことができるし、

このサイクルを回せるようになると、自分の収入もドンドン伸びてきます。

 

さらに、ピケティの「21世紀の資本」という本に

r>gという不等式が出てきます。

 

この式が伝えたいことは、労働による資産の増加よりも、

お金に働いてもらって資産を増加させる方が効率が良いということ。

 

要は、お金に働いてもらったほうが、

貯金で増やすよりも利回りが良いんです。

 

 

これを言うと、株とかFXとかを想像してしまう人が多いんですが、

正直安定してないし、ある程度のセンスが問われます。

 

僕の友達も株をしていたんですが、2日で5万円稼ぎだし

たった数時間日で20万ものお金を失いました。

 

ホントに一夜にして、消え去ってしまって、

もう株はしない、、、と嘆いていました。

 

 

でも、ネットビジネスはダイレクトに自分の脳みそに投資をするので

ガンガン成長していくし、やればやった分だけ成功に近づきます。

 

 

“お金をかけて学んで実践する”を繰り返していれば、

金持ちスパイラルに巻き込まれてドンドン上に昇っていくし

これはもはや、成功するための法則みたいなものです。

 

 

なのでぜひ、自己投資をしてみてください。

 

 

例えば英語を勉強するとして、

いきなり海外に行って荒波にもまれてくるぜ!とか

今日から5時間は勉強するぜ!とか高い目標じゃなくていいんですよ。

 

本を1冊買ってみる、中学レベルのの英語の単語帳を見てみる

とか始めは小さな事でいいんです。

 

 

大事なのは、自分に投資をする意識を持つことです。

 

僕もこれまで150万円以上はビジネスにお金を使ってきたし

時には借金をしてでも学んだこともありました。

 

確かに借金があった時には、不安とか焦りとかがありましたが、

このまま返せなかったらどうしよう・・・?と思ったこともありましたが、

ちゃんとビジネスの実力を付ければ十分ペイすることができます。

 

 

今はもっと自分に負荷をかける意味でも

どんどんお金をかけて学んでいきたいし、自分に投資して

常に学び続ける姿勢はずっと持ち続けていきたいですね。

 

ではでは。

 

電子書籍を無料でどうぞ

僕は現在、大学生をしながらビジネスで生計を立てています。

才能があったわけでもなく、環境に恵まれていたわけでもありません。
元々苦学生でお金がなく、
バイトでも仕事ができないヤツで有名でした。

そんな状況からビジネスに挑戦して、
空いている時間を使って真剣に取り組んだら
お金を稼ぐことができ、バイトも辞めることができ
日々の生活の充実度や自由度がかなり上がりました。

日々のビジネスを勉強する過程で、

ネットに仕組みを作る方法や、
仕事の生産力を高める方法
思考力を高める方法
戦略を立てる方法
コンテンツとメディアを駆使して価値を届ける方法

etc・・・

学校では絶対に教えてくれないことを
20歳を過ぎてから学ぶことができました。

これまでの自分の経験や体験を踏まえて、
たとえ才能がなかったとしても、環境が良くなかったとしても
正しく勉強して、知識を得て実践することができれば
誰であろうと資産を作りながら自由になれると胸を張って言えます。

 

そういった人たちが1人でも増えていけば
至るところで価値を生み出すことができる個人が増えて、
日本中がもっと面白くなり便利になり、
世の中はもっと面白く変わっていくはずです。

 

そんな理想を掲げて、
僕がこれまでの経験を元にして
全くゼロの状態からどのようにして今の状態になったのか?
そのプロセスを1冊の電子書籍にまとめてみました。

 

「ビジネスの世界への最初の教科書」として
ぜひ読んでみてください。
15分ほどあればサクッと読めてしまいます。

→電子書籍「真の自由と成功への道標」を読んでみる

メールアドレスを入力していただければ、すぐに読むことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です