筋トレから学んだ「唯一無二の成功理論」

こんにちは、こうせいです。

この記事では、僕の経験をもとにして、

成功するための唯一無二と言って良いほどの

大事な考え方を話していきます。

 

僕には、趣味というか毎日するルーティーンがあって、

読書、仕事、などがあるのですが、その一つに筋トレがあります。

 

別にジムに通っているわけでもなく、ダンベルを買っているわけでもなく

自重トレーニングだけで、ほぼ毎日自分の体を鍛えるようにしているのですが、

もうかれこれ1年以上は続いています。

 

なんでここまで続いてるんだろう?と考えた時に

全ての物事に通ずる共通の考え方があったので、

今回は僕の過去のエピソードとともに、その思考をシェアしていきたいと思います。

 

20歳の時にフラれた僕は筋トレを始めた

 

僕が大学2年生の時に彼女がいました。

大学生活で初めてできた彼女だったので、大切にしていたし

お金はなかったですが、それなりに楽しく過ごしていたように思います。

 

しかし、付き合い始めて1年ほど経って、急に僕はフラれてしまいました。

理由は、他に好きな男ができたからでした。

 

しかも後々、まだ僕と付き合っている時に

その男の子と2人で普通に会っていたことが判明。

さらに僕はショックを受けて、ひどく落ち込みました。

 

「絶対に、良い男になって見返してやる!」と心に決めた僕は、

まず筋肉をつけて細マッチョになることを決意しました。笑

 

理由は、僕は、甘いものが大好きで、

その頃は毎日のように夜にアイスを食べていたので

みるみるうちに太っていき、普通にポッチャリの体型になっていたからです。

 

そこから僕のダイエット生活が始まります。

 

しかし、当時お金がなかった僕にとってジムに通うことは考えられなかったので

できるだけお金をかけずに痩せる方法として

自宅のトレーニングを選びました。

 

なんとかして痩せるためには

トレーニングをずっと続ける必要があると感じた僕は

最初はものすごく小さなことから始めました。

 

具体的に言えば、腕立て伏せ、腹筋、背筋を30回を続けるだけ。

 

時間にすると5分もかからないので、

まずは筋トレをしているという事実を作って自信をつけようと考えて

小さいことからスタートしました。

 

食事も今まで毎日のように食べていたアイスを

まずは2日に1個に減らして、その生活を1週間〜2週間続けました。

 

その生活をしていると、だんだんと慣れてくるようになります。

 

毎日筋トレをして食事を制限するようになった僕は、

「なんだ食事の量を減らしたり、筋トレするのは簡単じゃん!」

と思い、筋トレのメニューや回数を少しづつ増やしていき、

同時に食事の量も減らしていきました。

 

今では、1日1、2食が基本になり、

アイスを食べるのもいつしか週1になっていました。

 

すると体にも少しづつ変化が出てきます。

今までポヨヨンとしてお腹はグッと引き締まってきて腹筋が見えるようになったし、

腕や胸の筋肉が付くようになり、姿勢もよくなりました。

 

そして、体が変わったことによって、自分に自信が付くようになり

少しですが、相手の目を見て話せるようになったし、

異性にも多少はモテるようになりました。

 

ここで、僕の「細マッチョになる」という目標は無事に達成されたのです。

 

そこから味をしめた僕は、もっと体を動かすようになり

ずっとトレーニングを続けて1年以上が経過するほどになりました。

 

たぶん、自分の努力で結果が出るようになっていくのが面白くて、

そして継続できている自分に自信が付いたので、

ここまでずっと続けてこられたのだと思います。

 

筋トレから学んだ「最小単位理論」

 

ここから学んだことがあって、それが「最初は小さく始めることの重要性」です。

人は何か新しいことに挑戦する時には、

やり始めにものすごくエネルギーを消費します。

 

僕であれば今回は筋トレでしたが、人によっては英語の勉強とか

はたまたビジネスの勉強とかになるでしょう。

 

だから、何か新しいことを始める時には、できるだけハードルを下げて

自分が行動しやすくするのが大切です。

 

そして小さくすら始められない人は、いつまで経ってもできません。

 

例えば、あなたが語学として英語を学ぼうとしているとしましょう。

 

多くの人は、英語を勉強したい!勉強しよう!と思っている反面、

今の忙しい自分に言い訳をつけて

また今度の機会に・・・、今は忙しいから今度は必ず・・・と考えがちです。

 

でも、この「今度」はいつくるのでしょうか?

たぶんですが、永遠にこないような気がします。

 

それよりも大事なのは、忙しい中でも少しだけでもやってみよう!

という姿勢であり、とりあえず始めること

完璧主義にならないことです。

 

僕はこれを「最小単位理論」と言っているのですが、

時間がないからできない!と不満を漏らす人ほど、時間があってもなかなかしないし、

逆に時間がなくて縛られている人の方が、取り組むのが早かったりします。

 

なんとも不思議なのですが、そうなっているのです。

 

だから何かやりたいことがあるなら、小さくでも良いから挑戦することだし

さっさと始めてしまうことが大事です。

 

ネットビジネスとかなんでもそうですが、継続することが求められるし、

継続なくしてビジネスの世界で成功することは不可能です。

 

僕であれば、メルマガ書いたり、ブログ書いたりして

自分にとっての資産を作りながら、仕組みを少しづつ作っています。

1日に100記事とか書けるなら継続なんて必要ありませんが、

そんなことは僕にはできません。

 

ネットビジネスの世界では、ブログの開設とか記事を書いたりする中で

作業量の多さなどの壁にぶつかってしまって

途中で諦めてしまう、やめてしまう人がものすごく多いです。

 

そうなる原因は、Twitterのつぶやきを一つ作ったり

ブログを1記事で良いから書いてみたり、などの

小さいことすらもできなくなっているからです。

 

周りがドンドンやめていくので、

とにかく続けられる人は必然的にネットビジネスでは勝つことができます。

 

だから最初は小さく小さくで良いんですよね。

ブログ1記事書いて今日の作業は終了とか、今日はこれしかやらないとか

今日はYoutube1本で終了とか、それくらいで良いと思いますし、

僕もそれくらいのレベルから始めました。

 

大事なのは、継続することであり、資産を作り続けること。

ここがブレなかったら、いつかは必ず成功できるし、結果も出ます。

 

とにかく小さくでも良いから始めること、

最初のスタートで結果は何倍にも変わるし、

コツコツとできる人が結局は強いです。

 

僕も何かに挑戦する時も、小さくで良いからやってみるようにしているし、

今からとりあえずパソコン開くか〜

今日もとりあえず資産作るか〜と言って、日々のタスクも小さく始めています。

 

あなたも最小単位から成功できるように、

今に全力を注いでみてくださいね。

 

電子書籍を無料でどうぞ

僕は現在、大学生をしながらビジネスで生計を立てています。

才能があったわけでもなく、環境に恵まれていたわけでもありません。
元々苦学生でお金がなく、
バイトでも仕事ができないヤツで有名でした。

そんな状況からビジネスに挑戦して、
空いている時間を使って真剣に取り組んだら
お金を稼ぐことができ、バイトも辞めることができ
日々の生活の充実度や自由度がかなり上がりました。

日々のビジネスを勉強する過程で、

ネットに仕組みを作る方法や、
仕事の生産力を高める方法
思考力を高める方法
戦略を立てる方法
コンテンツとメディアを駆使して価値を届ける方法

etc・・・

学校では絶対に教えてくれないことを
20歳を過ぎてから学ぶことができました。

これまでの自分の経験や体験を踏まえて、
たとえ才能がなかったとしても、環境が良くなかったとしても
正しく勉強して、知識を得て実践することができれば
誰であろうと資産を作りながら自由になれると胸を張って言えます。

 

そういった人たちが1人でも増えていけば
至るところで価値を生み出すことができる個人が増えて、
日本中がもっと面白くなり便利になり、
世の中はもっと面白く変わっていくはずです。

 

そんな理想を掲げて、
僕がこれまでの経験を元にして
全くゼロの状態からどのようにして今の状態になったのか?
そのプロセスを1冊の電子書籍にまとめてみました。

 

「ビジネスの世界への最初の教科書」として
ぜひ読んでみてください。
15分ほどあればサクッと読めてしまいます。

→電子書籍「真の自由と成功への道標」を読んでみる

メールアドレスを入力していただければ、すぐに読むことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です