本を読めばネットビジネスで成功できますか?

どうも、こうせいです。

今回は、本を読めば成功するのか?というテーマで話していきたいと思います。

というのも、読者の方から、

ネットビジネスで成功するには読書は必要ですか?

という質問をいただいたのと、

 

僕自身も初心者の頃に同じ事を考えていたので、

今回はこのテーマを解説していきたいと思います。

 

本を読めばネットビジネスで成功できるのか?

 

結論からいうと、読書はできる限りした方が良いですが、

本を読んでも必ず成功出来る訳ではないです。

 

成功者のほとんどはたくさんの本を読んでいるのもまた事実ですが

そもそも自分の優先順位を考える必要があります。

 

 

ネットビジネスで成功するかしないかを分ける能力があって、

それが、「情報を加工する能力」です。

 

僕は、初心者のころに、

絶対に成功してやるぜと!思って何をすればいいのか考えた時に

「読書をして知識を蓄えれば成功できるかも!」と思っていました。

 

勉強が必要なこと、知識が必要なことくらいはわかっていたので、

僕は、とにかく本を読みまくっていました。

(その時は読むペースもすごく遅い)

しかし、結果としては、失敗に終わってしまいました。

 

僕は完全に戦略を間違っていました。

 

 

その経験則をもとにしていうと

本をいくら読んでも、情報を加工する能力がないと

自分の収益には直接的に結びつかないということです。

 

特に文章を書くのが主な仕事である、ネットビジネスであればなおさらだし

情報を面白い形、自分にしかできない形でアウトプットすることが必要です。

 

お客さんはタメになる情報であっても

面白くないとそもそも読まないし、

タメになるだけの情報ならば、僕から学ぶ必然性はないからです。

 

 

これだけ情報が溢れてしまった世の中で、

ノウハウとかを話しているだけでは、僕が発信する意味がないし、

それは他の誰かから学んでも一緒だし、僕はその他大勢の1人にしかなりません。

 

だったら、いかにして今ある情報を

自分なりの視点で、自分だけのコンテンツにすることができるか?が全てだし

それが、情報を加工する能力です。

 

そりゃ読書は人生という大きな枠組みの中では役に立つと思いますよ。

将来成功した状態で、さらに多くの知識を得て磨く為に

たくさんの本を読む事は大事なことです。

 

 

でも、初心者で早く成功したいと考えているなら

とにかく本をたくさん読めばいいというのは間違いだと思うし、

優先順位が高いことは、ビジネスの勉強をすること、

アウトプットする能力、情報を加工する能力を高め得ることだと思います。

 

 

ちなみに、表に出てきていたり、ベストセラーとなったりしている本は

多くの人の心に響くように作られているし

本を売ってお金にするための工夫が随所に施されています。

 

 

本の内容は、多くの物事に応用することができますが、

抽象度が高い内容が多いので、

結局どうしたら良いんだ!?となってしまう人が多いです。

 

 

例えば、「数学を学べ!」と言われたらどうですか?

ほとんどの人の頭の中が「????」で埋め尽くされてしまうと思います。

 

数学のどの分野を学べば良いの??

数学の計算ばかりしてればいいの?

数学の証明をしてればいいの?

はたまた数学の歴史学べば良いの?

 

そういった風にたくさんの悩みが出てくると思うんです。

 

つまり、本の知識は、その「数学を学べ!」にちかい内容を主張しています。

自己啓発本なんかは典型的なパターンです。

僕も今ではできるだけ毎日読書をしていて、自己啓発本は100冊は読んできましたが

内容は「行動しろ!」「感謝しろ!」の本が多いです。

 

これは僕以前思っていたことですけど

「行動する重要性はわかった」

「で、どうしたらいいんだ?」といつも思っていました。

 

 

せっかく情報を入れて知識を取り入れたのに、全く生かす事ができなかったんです。

 

だから、僕らはまず、自分の情報を加工する力を付ける必要があるし、

そのために自分の中に具体的なビジネスの稼ぎ方を

教えてくれる教材を買って勉強するべきだと思うんです。

 

知識は使ってナンボです。

 

別に、「僕の教材を買え!」と言っているわけではなくて

この事実を知らないと、結果を出せないまま

時間を無駄にしてしまう人が多くなると思ったので、言っています。

 

 

これらの教材を学ぶ事によって、自分のなかに軸が形成されていきます。

この軸が出来ると、知識がを定着させて、

血肉にする事がすこしづつ出来るようになります。

 

 

段々出来るようになったら

情報をたくさん取り入れて、ドンドン自分の血肉にしていきながら

情報発信をしていきます。

 

このとき大事なのが、初めは質を量を気にせずにアウトプットをすると言うこと。

 

初めは100文字とかそれも難しいときは50文字くらいでも良いですし、

とにかく得た情報をガンガンアウトプットして

外に出していくのが最初は正義です。

 

 

僕も、アウトプット能力、情報を加工する能力のなさに初めは落ち込みました。

「頑張って書いたのに1000文字もいってないわ・・・」

「なんとなくわかるけど、文章に起こせない・・・」

 

 

だから、僕はメルマガの返信から始めました。

ブログは書くのは、最初の僕にはハードルが高すぎたからです。

 

この人だ!と決めて、読んだメルマガにドンドン返信していく。

それを徹底して続けていきました。

どんなに内容がクソでも、しょぼくても

そんな事は気にせずにドンドン情報を出して行きました。

 

1〜2週間やって慣れてきたらSNS、そしてブログと段階を上げて

発信ができるようにしていきました。

 

その結果、苦手だった文章がすこしづつすこしづつ改善されていったし、

今では、文章に対する苦手意識は全くないです。

 

むしろ、「早くアウトプットしてー」

「成長してー」という気持ちの方がどちらといえば強いですね。

 

実は、この知識を血肉にする重要性は古来の日本から受け継がれています。

 

昔の話になりますが、

19世紀までは日本は武士の時代でした。

12世紀くらいから武士の時代が続いていたのでおよそ700年間、

彼らは日本を支配していました。

 

そして、彼らは、「知識をただ抱えている事は何にもならない、

すべてを行動によって示せ!」と教えられてきました。

 

 

武士とは殺し合う存在なので、戦いの時はいつでも

死ぬ覚悟で臨んでいるし、

目の前で人の死を見ることは珍しいことではないです。

 

だから、「いくら本を読みあさって知識を積み重ねても、

目の前で人が理不尽に死にそうになっているのを見た時、

なにもできない人に、「知識」があるとは言えない」という教えを叩き込まれていました。

 

要は、知識は使ってナンボという事です。

 

しかし、無知のままでは、絶対に成功できません。

ある程度の勉強は必要だし、ビジネスの全体像とかやるべきこととかは

最初に学ぶ必要があります。

 

それを学べばあとはどんどんアウトプットしていくことが大事だし

コンテンツを作って、世の中に情報を発信していかないと

いつまで経っても稼げません。

 

まずはアウトプットできる能力を高めてから、

読書をしていけば、効率よく成長できるし、成功へ近づいていくと思います。

 

では、今回はこの辺で。

 

電子書籍を無料でどうぞ

僕は現在、大学生をしながらビジネスで生計を立てています。

才能があったわけでもなく、環境に恵まれていたわけでもありません。
元々苦学生でお金がなく、
バイトでも仕事ができないヤツで有名でした。

そんな状況からビジネスに挑戦して、
空いている時間を使って真剣に取り組んだら
お金を稼ぐことができ、バイトも辞めることができ
日々の生活の充実度や自由度がかなり上がりました。

日々のビジネスを勉強する過程で、

ネットに仕組みを作る方法や、
仕事の生産力を高める方法
思考力を高める方法
戦略を立てる方法
コンテンツとメディアを駆使して価値を届ける方法

etc・・・

学校では絶対に教えてくれないことを
20歳を過ぎてから学ぶことができました。

これまでの自分の経験や体験を踏まえて、
たとえ才能がなかったとしても、環境が良くなかったとしても
正しく勉強して、知識を得て実践することができれば
誰であろうと資産を作りながら自由になれると胸を張って言えます。

 

そういった人たちが1人でも増えていけば
至るところで価値を生み出すことができる個人が増えて、
日本中がもっと面白くなり便利になり、
世の中はもっと面白く変わっていくはずです。

 

そんな理想を掲げて、
僕がこれまでの経験を元にして
全くゼロの状態からどのようにして今の状態になったのか?
そのプロセスを1冊の電子書籍にまとめてみました。

 

「ビジネスの世界への最初の教科書」として
ぜひ読んでみてください。
15分ほどあればサクッと読めてしまいます。

→電子書籍「真の自由と成功への道標」を読んでみる

メールアドレスを入力していただければ、すぐに読むことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です