あなたの成功を遠ざける〇〇思考

どうも、こうせいです。

今回は、情報発信ビジネスをしていく上で、

大事な思考について話していきたいと思います。

 

最近、読者の方かたから質問をいただくのですが、

(ホントにありがたい限りです。)

よく来る質問に

「どれくらい作業したら成功出来ますか?」
「ブログな何記事書けば良いですか?」
「メルマガは何通書けば、読者の人の心が動きますか?」

といったものがあります。

 

えーとですね、結論からいうと、

「わからない」です。笑

 

なんだよ、わからねーのかよ。と

ちょっと残念に感じた人も居ると思いますが、

こればっかりは、僕を含め情報発信をしている人は

みんな答える事が出来ないと思います。

 

 

理由は、情報発信のテーマ、自分の得意分野、

性格、文章力、などなどで、一人一人能力が違うからです。

 

 

1記事書いただけで、お金を稼ぐ人も居れば、

100記事書いても、1円も稼げない人もいます。(←これは明らかに勉強不足です)

記事の量、質、世界観、すべてが違います。

 

だから、一概にどれくらいやればいいのか?

の線引きをする事が出来ないんです。

僕としても、線引きがあるなら伝えたいのですが・・・。

 

あと、どれくらいやれば成功しますか?と大真面目に聞いてくる人は

正直、思考を放棄していると思うんです。

(参考程度に聞くのは良いのかも)

 

というのもビジネス始めたての僕がそうでした。

 

 

自分が成功できるか不安だから、

自分の作業量を人に求めてしまうし、

探すべき答えをガンガン人に聞きまくっていました。

 

めっちゃわかります。。。

 

それこそ、さっき言った質問は数え切れないほど聞いたし、

そのたびに、「こいつ何も考えてないな」

と思われていたでしょう。笑

 

 

こういう、答えを探さずに、思考停止になってしまうのを

「テンプレート思考」といいます。

 

テンプレート思考だと、これをやれば成功する。

これをやれば確実にお金を稼ぐことができる。

常に答えを探すようになります。

 

答えがないと動けないから、答え探しに奮闘して

結局見つからずに、

行動できないまま終わってしまうことになりかねないです。

 

 

僕も、ブログを何記事書けばいいのだろう?と考えて

1日ネットサーフィンをして時間を無駄にしたことがあります。

 

あれはマジでもったいなかったですね。

その間に数記事書いてしまった方がコンテンツも溜まったし

自分の資産も増えていきお金を生み出すこともできたでしょう。

 

(100記事とか70記事とか言っている人が居ますけど

結局人それぞれという結論に至りました。)

 

ここで大事なのが、テンプレート思考にはなってはいけないけど、

テンプレートに当てはめるのは正解ということです。

 

 

ネットビジネスで言えば、DRM(集客、教育、販売)

などのある程度成功が担保された、ビジネスモデルがあります。

この仕組みに自分のコンテンツを差し込んで行けば、

自ずと成功が近づいてきます。

 

 

ちなみに、ビジネスモデルを体得するには守破離の考え方が重要です。

これは、とにかく初めはマネをする事から始めろっていうことで、

守守守守守守破離くらいの勢いで十分に通用します。

 

 

特にネットビジネスをしていく上でDRMは大事で

年商20億くらいまではこのビジネスモデルで通用すると言われています。

20億じゃなくても、1億でも稼げたら人生変わりますよ。笑

 

 

僕は、このビジネスモデルが調べてみてきた中で

もっとも稼ぎやすいし、資産性が高くて、自分をドンドン成長させて

くれるものだと感じています。

 

ちょっと話は逸れてしまいましたが、

要は、楽を求めたテンプレート思考は成功を遠ざけてしまうよという事です。

 

 

で、テンプレート思考にならないために大事なのが

「自分で意思決定する」こと。

 

当たり前って言えばそうなんですけど、

意思決定って実はものすごくエネルギーを使うんです。

 

 

例えば、僕は、中学校を卒業をするときに地元を離れて

進学校に行くか、それとも地元の高校に通うかを

ずっっっと悩んでいました。

 

 

こればっかりは、先生にも相談して、

親にも相談して、友達にも先輩にも、近所の人にも・・・

とにかく色んな人に聞きまくりました。

 

考えるのってホントにエネルギーを使うんで、

短期間で一気に痩せてしまったんですよね。

 

で、結果としては、人に聞いたからといって答えは出ませんでした。

 

結局は、自分の意思決定が大事なんだなということを痛感しましたね。

(結局地元の高校にしました)

 

 

その過程で中学生ながら自分と向き合うことが出来たので

今ではすごく良かった経験だと思ってるし、

なにより成長することが出来たんです。

 

だから、自分で考える癖っていうのを付けて欲しいと思います。

 

自分で考えて自分でやってみる。

当たり前だろと言われればそれまでですけど

意外と見落としがちな考え方です。

 

「どれくらいやったら自分は成功できるのか」

を決めるのは自分自身です。

その上で、わからないことがあったら、

その時に初めて聞いてみればいいんですよ。

 

 

僕のメルマガにでもアウトプットがてら

気軽に返信していただけたらいいなーと思います。

全てのメールには目を通しているし、

出来るだけ返信できるように心がけていますので。

 

では、今回はこの辺で!

電子書籍を無料でどうぞ

僕は現在、大学生をしながらビジネスで生計を立てています。

才能があったわけでもなく、環境に恵まれていたわけでもありません。
元々苦学生でお金がなく、
バイトでも仕事ができないヤツで有名でした。

そんな状況からビジネスに挑戦して、
空いている時間を使って真剣に取り組んだら
お金を稼ぐことができ、バイトも辞めることができ
日々の生活の充実度や自由度がかなり上がりました。

日々のビジネスを勉強する過程で、

ネットに仕組みを作る方法や、
仕事の生産力を高める方法
思考力を高める方法
戦略を立てる方法
コンテンツとメディアを駆使して価値を届ける方法

etc・・・

学校では絶対に教えてくれないことを
20歳を過ぎてから学ぶことができました。

これまでの自分の経験や体験を踏まえて、
たとえ才能がなかったとしても、環境が良くなかったとしても
正しく勉強して、知識を得て実践することができれば
誰であろうと資産を作りながら自由になれると胸を張って言えます。

 

そういった人たちが1人でも増えていけば
至るところで価値を生み出すことができる個人が増えて、
日本中がもっと面白くなり便利になり、
世の中はもっと面白く変わっていくはずです。

 

そんな理想を掲げて、
僕がこれまでの経験を元にして
全くゼロの状態からどのようにして今の状態になったのか?
そのプロセスを1冊の電子書籍にまとめてみました。

 

「ビジネスの世界への最初の教科書」として
ぜひ読んでみてください。
15分ほどあればサクッと読めてしまいます。

→電子書籍「真の自由と成功への道標」を読んでみる

メールアドレスを入力していただければ、すぐに読むことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です