サン・テグジュペリの「星の王子さま」をビジネス的に解説してみた

どうも、こうせいです。

 

この間、星の王子様という本を読んでみました。

かなり良い本だったし、考えさせられることが多かったので

今回書評を書いていきたいと思います。

 

タイトルからすると、ただの物語とか小説なんかに思えるし

大人が読まなくても良いんじゃない?と最初は感じるかなと。

 

しかし、実際に読んでみると子供はもちろんのこと、

大人にも学びになることがあったし

何より、子供、学生、主婦、など世界中のあらゆる人達に読み継がれている名作です。

 

ちなみに僕は読書が趣味で寝る前とかには本を読むようにしています。

 

普段は、ビジネス書とか新書とかが多くて

最近は、小説とか物語とかは読んでいなかったのですが、

「星の王子さま」は、そんな僕でも知っているくらいだったし

読んでみると物語が面白いので、あっという間に読み終わってしまいました。

 

主人公の成長と共に、子供は楽しみながら、大人も学べるような作品です。

 

サン=テグジュペリってどんな人?

 

まず作者のサン・テグジュペリさんは、

第2次世界大戦にも駆り出された優秀なパイロットでもあり

その忙しい業務の傍ら、小説家として作品を書いていました。

 

自身のパイロットとしての経験を作品にしたことで

根強いファンが生まれて、戦争の際には敵軍にもファンがおり

彼とは戦いたくない、と言わしめたほどの人物です。

 

星の王子さまは、彼がサハラ砂漠に不時着して

一時は死を覚悟しましたが、3日後にエジプトのカイロに歩いて生還した経験を

物語にしていると言われています。

 

その後アメリカに亡命しながらも、パイロットとして活躍し、

最後は地中海の上空で突然行方不明となり、一生を終えました。

 

星の王子様のあらすじ

 

サンテグジュペリの経験が元になっている、星の王子さまは

主人公の「ぼく」がサハラ砂漠に不時着するところから物語がスタートします。

 

1週間分の水しかないのに、目の前に広がっているのは砂漠の景色だけ。

あまりの環境に途方に暮れている時に、1人の少年と出会います。

 

その少年は違う星からきたようで、自分の星と飛び出して

今までのいろんな星をめぐりながら冒険してきたと言います。

少年は、数々の星を訪れていく中で、

どんな人がいたのか?そこでどう感じたのか?を、ぼくに熱心に話してくれました。

 

さらに砂漠の中で、ヘビやキツネと出会い、仲良くなりながら

少年とぼくは、成長していきます。

 

そして、ある日ぼくの飛行機が奇跡的に修理に成功して

少年とぼくはお別れを伝えないといけなくなる・・・・というあらすじです。

 

星の王子様から学べること① 固定観念や常識に囚われるな

 

この物語で学べることの1つ目は、固定観念や常識に囚われないこと。

ぼくが少年(星の王子さま)から数々の星を冒険した話を聞く時には、

あらゆる人たちが出てきます。

 

・自分の権威を守ることしか考えていない王様

・大物気取りの自惚れ屋

・恥ずかしさをなくすためにひたすら酒を飲む男

・自分を有能だと思って、ひたすら星ばかり数える人

・ガス灯を守る点灯人

・机から一切動こうとしない地理学者

 

もう、変人ばかりです。笑

 

僕が感じた彼らの共通点は、「狭い視野や考えに凝り固まっていること」

彼らにとっては自分の小さな小さな星こそが全てなので

それ以外の世界には目も向けようとしません。

 

大人になって自分に自信があるのか、自分こそが正しい!とみんな

信じ切ってしまっていました。

 

これってなんだか残念で仕方ないと感じたし、

もっと世界は広いし、様々な生き方だってあるはずです。

 

働き方に関して考えれば、サラリーマンの人もいれば

自分で事業を起こしてフリーランスで働く人もいるし、

ほとんど働いていないのに、年間1億円などの大金を稼ぐ人もいれば

1日中働きまくって、年収300万くらいの給料しかもらえない人もいるわけです。

 

そして、歳を重ねるにつれて、価値観は凝り固まっていき

自分の常識のなかでしか考えられなくなっていきます。

 

毎日朝早く起きて、ストレスのかかる満員電車に揺られがら出社し

会社で業務をルーティーンのようにこなして、家に帰る。

たまに飲みにいけば上司や会社の愚痴をこぼすばかりで

現実は何一つ変わらない。

そして、また月曜日から同じような生活がスタートする。

 

これが当たり前だと思っているし、仕事=我慢だと考えている人が多いです。

若造が何言ってんだ!と怒られそうですが、

それで本当に幸せなのか?と普通に疑問に思うんです。

 

 

例えば、僕が高校生まで過ごしていたときは、学校こそが人生の全てでした。

クラスの人間や先生、親、部活の人たち、くらいしか見えていなかったし、

学校でいかにうまく過ごすかばかり考えていたように思います。

 

学校のテストでいい点を取ることを頑張っていたし

部活で成績を残すことばかり考えていたし、

当時の僕は何にも気付きませんでしたが、

誰かが敷いたレールの上を必死になって歩んでいただけでした。

 

 

しかし、大学生とか社会人になると、見える世界の幅は大きく変わっていきます。

学校だけでなく、バイト先の人たち、先輩後輩、OBやOG、

いろんな人達に出会ながら、良くも悪くも自分の価値観が作られていきます。

 

その中で感じたことは、

「なんでみんな同じ髪型で同じような格好をして就活するんだ?」

「学校を卒業したら会社に入る、就職するって誰が決めたんだ」

ということでした。

 

また誰かの敷いたレールの上をいくのか・・・と考えていたときに

パソコン1台で稼ぐことができ、何にも縛られない自由な生活ができる

ネットビジネスの世界に出会いました。

 

初めは怪しさ満載でしたが、嫌で仕方なかったバイトを辞めることができ

今では挑戦して良かったと心の底から思えます。

 

今までの価値観とか常識に疑問を持ったから

ビジネスの世界に飛び込むことができたし、

これからも自分の価値観をアップデートし続けて、

誰かにいい影響を与えられる人間でありたいと感じました。

 

星の王子様から学べること:大切なものは目に見えない

 

そして、もう一つ学べることがあってそれは、

「大切なことや物や目に見えないこと」

星の王子さまが星に帰るときに「ぼく」に伝えた言葉です。

 

この世の中には大きく分けて、「無形資産」「有形資産」があります。

「有形資産」とは、車や服、靴、絵画、家、などの形のあるもの、

「無形資産」とは、知識や経験、思考、知恵、人脈、勇気、友情、などの形のないモノです。

 

そして大事なことは、有形から無形には変換できないけど

無形から有形を生み出すことができるということ。

 

僕ら人間は多くの人が、どうしても形のあるものに価値を感じてしまいます。

例えば、人であれば学歴とか資格とかで判断しがちだし、

目先のお金に囚われてしまいがちです。

 

学歴も確かに大事だし、資格が必要になることもあるだろうし

いますぐにお金を稼ぐことも大事ですが、

長い目で見てみると、

無形のものに自分の時間、お金、労力をかけた方が豊かになるのは間違いないです。

 

僕が最初のこの世界にやってきたときに、

活躍している起業家、結果を残し続けている起業家の人が

口を揃えていっていたのが、「知識、思考に投資しろ」でした。

 

そう言われたので、僕も初期の頃からどんどん教材を買ったり

本を読んだりして、知識に投資して、思考を磨いていきました。

 

今まで150万円くらいは使ってきたし、

お金のないバイト漬けの苦学生の頃からしていたので

すごく貧乏な生活を余儀なくされたこともあります。

 

でも、知識があるから、考えることができるし、

迷いなく行動できるし、成果だって人一倍出すことができるし

今では投資して良かったなと感じます。

 

今でこそ思いますが、ネットビジネスは知識ゲームに近いです。

お客さんを集めるスキル、感動させるような文章スキル、人に何かを売るスキル、

それらは全て知識があるからできることだし、

才能なんてほどんど関係ありません。

 

誰でも勉強して知識をつけて、実践していけば稼げるのがビジネスの世界です。

 

しかも、有形のものは時間が立つごとに価値を失っていきますが、

自分の価値観や知識、思考、経験は失うこともないし盗まれることもないです。

 

だから、これからも知識や思考、経験などの無形のモノを大事にしたいし

無形資産には容赦無く投資していきたいと思います。

 

まとめ

 

今回はサン・テグジュペリ作の「星の王子さま」の書評をしていきました。

僕が学んだことは、

・自分の価値観や常識に囚われないこと

・大切なもの、大事にするべきものは無形資産

でした。

 

物語としても面白いし、感動できるような作品です。

人生で一度は読んで方がいいし、大人でも学べることが多いので

ぜひ手に取って読んでみてください。

 

電子書籍を無料でどうぞ

僕は現在、大学生をしながらビジネスで生計を立てています。

才能があったわけでもなく、環境に恵まれていたわけでもありません。
元々苦学生でお金がなく、
バイトでも仕事ができないヤツで有名でした。

そんな状況からビジネスに挑戦して、
空いている時間を使って真剣に取り組んだら
お金を稼ぐことができ、バイトも辞めることができ
日々の生活の充実度や自由度がかなり上がりました。

日々のビジネスを勉強する過程で、

ネットに仕組みを作る方法や、
仕事の生産力を高める方法
思考力を高める方法
戦略を立てる方法
コンテンツとメディアを駆使して価値を届ける方法

etc・・・

学校では絶対に教えてくれないことを
20歳を過ぎてから学ぶことができました。

これまでの自分の経験や体験を踏まえて、
たとえ才能がなかったとしても、環境が良くなかったとしても
正しく勉強して、知識を得て実践することができれば
誰であろうと資産を作りながら自由になれると胸を張って言えます。

 

そういった人たちが1人でも増えていけば
至るところで価値を生み出すことができる個人が増えて、
日本中がもっと面白くなり便利になり、
世の中はもっと面白く変わっていくはずです。

 

そんな理想を掲げて、
僕がこれまでの経験を元にして
全くゼロの状態からどのようにして今の状態になったのか?
そのプロセスを1冊の電子書籍にまとめてみました。

 

「ビジネスの世界への最初の教科書」として
ぜひ読んでみてください。
15分ほどあればサクッと読めてしまいます。

→電子書籍「真の自由と成功への道標」を読んでみる

メールアドレスを入力していただければ、すぐに読むことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です