コンテンツビジネスが最強な理由を話してみた。

こんにちは、こうせいです。

今回は、僕が今取り組んでいる

コンテンツビジネスについて話していこうかなーと思います。

 

僕は大学生の頃に起業を決意しましたが、

当時はお金もなくて、知識も人脈も才能もありませんでした。

 

それでもコンテンツビジネスは挑戦することができたし

再現性もあるし、まさに最強のビジネスモデルだと感じています。

 

稼ぎたい、時間が欲しい、ストレスフリーになりたい、

と言う人は、もうコンテンツビジネス一択ですよ。

 

で、今回は、なんでコンテンツビジネスが最強なのか?

その理由を話していきます。

 

コンテンツビジネスとは何か?

 

まず、コンテンツビジネスとは何なのか?

ですが、ネット上に資産を作っていき

自動でもお金を生み出す仕組みを作っていくビジネスのことです。

 

え、資産ってなに。。。?

と思うので、説明すると、

ブログ、メルマガ、Youtube、などですね。

 

僕はコンテンツビジネスに集中したことで、

毎月自動でお金が銀行口座に入ってくるようになりました。

しかもほとんど全自動だし、

パソコンに触らなくてもお金が僕の口座に入ってきてくれます。

 

「そんなの嘘だ!詐欺に違いない!」と思う人もいるでしょうが、

僕がこうなったのは明確な理由があって、

それが「資産を作りまくってきたから」です。

 

僕がやったのはコンテンツビジネスの型を学んで、

そこから、資産となるコンテンツを作りまくっただけだし、

なにも難しいことはしていないし、誰でもできることです。

 

才能なんていらないし、正しい知識と多少の努力があれば

誰でも結果を出すことができます。

 

「コンテンツビジネス=最強」の理由

ビジネスとは価値提供することです。

 

だから、人に価値提供をすることができれば

後からお金は勝手についてくるんですが、

ネット上にコンテンツを作ることで、

自動で価値を届けてくれるのが大きな良いところです。

 

マジでコスパが良すぎますよ。

 

 

例えば、僕はこのブログを書いたら

Youtube動画を1本撮影するのですが、この動画もブログ記事も

僕が消さない限りは、半永久的にネット上に残り続けていきます。

 

つまり、僕が投稿した動画は何度も再生されていくので、

僕が一回話せば、同じ話を何度もしなくてもよくなるし、

 

ブログも同じで、僕が文章にしてコンテンツにすることで

それが人を集めるようになり、ファンを生み出してくれるようになります。

 

 

ネットがない時代であれば、

直接あってコミュニケーションを取らないといけないのですが、

今の時代は「保存」が効きます。

 

これをフル活用しない手はありません。

 

タネをまくビジネスをしよう

 

僕はネットビジネス、特に、コンテンツビジネスは

タネを播いていくことで大きくすることができるので

農業をするのに近いビジネスだと思っています。

 

人類の長い歴史の中で、人口が爆発した時期があるのですが、

その理由は農業をするようになり

食料を保存する、と言う概念を手に入れたからです。

 

農業が広まる前には、人間は狩りをしていたので

毎日毎日、野生の動物を捕まえることで生活をしていました。

 

その頃、食料は保存ができなかったので、

すぐに食べないと腐ってしまうし、いつまで経ってもその日暮らしのままでした。

「今日こそは食料を見つけないと、みんな死んでしまう・・・」

そんなストレスや緊張感と背中合わせだったでしょう。

 

 

一方、農業は保存が効きます。

今年取れたタネを植えることで来年には3個に増えていき

そのうち1個を食べて、2個植えることで

次の年には、6個くらいに増えている、、、、

 

どんどん積み重ねていくことができます。

 

このように、僕らがやるべきことは「資産」を作ることにあるし、

生涯にわたってビジネスをしていくためには必須の要素です。

 

コピペだけで月に20万円稼げます!

スマホポチるだけで月に50万円稼げます!

みたいなのは稼げるわけないし、論外ですが、

 

物販とかせどりとか言われるビジネスは、狩猟型のビジネスに近いものがあります。

リサーチして、商品をかって、それを売る。

 

この流れで収益を上げていくのですが、

かなり自動化がしにくいし、初期費用がかかり、

在庫も抱えるのでリスクがあります。

 

最初のお金を生み出す感覚を掴むために

家のいらないものをメルカリなんかで売るのはオススメですけど、

長期的にやるのは、労働とほとんど変わりません。

 

あと、株とかFXなんかは、初心者にはリスクが高すぎです。

 

一瞬にして何十万円といったお金が消し飛んでしまうし、

そもそも投資とか株、FXなんかはエリートたちが

画面に張りついて、分析に分析を重ねて、凌ぎを削りあっている市場です。

 

その中に、初心者が飛び込むと

限界まで絞り取られて終わるパターンがほとんどです。

 

これらと比べてみても、コンテンツビジネスは

・農業型で、資産になる

・初期費用がほとんどかからない(月に3000円もあればできる)

・コンテンツが残っていくので、半永久的に価値が届けられる

・保存できる

といった面でかなり最強なビジネスなわけです。

 

あと、失敗しても借金を抱えることがないのでも良いところです。

 

僕は目先のお金に囚われてしまって

MLMとか仮想通貨とかに手を出して、多くの時間を無駄にしたし、

改めてコンテンツビジネスってコスパが良いなと。

 

 

経営者の仕事は「仕組み」を作ること

 

もしあなたが、起業したい!自由になりたい!と思うのであれば、

本当に意味で、経済的、時間的な自由を目指すのであれば、

死んでもお金が入り続ける状態を目指すべきです。

 

そして、そのためには「仕組みを作ること」

これに尽きます。

 

ここでの箱とは、収益を生み出す箱、価値を届けるための箱で、

インターネットを駆使することで

誰でも簡単に作ることができます。

 

ただ、簡単といっても慣れとか勉強は必要です。

 

ビジネスは価値を届けて、対価としてお金を払ってもらうことなので、

まずは自分が学ばないといけないし、

コピペで稼げる!とかポチポチで稼げる!といったものではありません。

 

 

ちゃんとビジネスの「型」を知って

それに当てはめるようにコンテンツを作り資産を作っていけば

仕組みが出来上がっていき、お金を生み出すようになります。

 

僕も最初に挑戦したのは大学生の頃でしたが、

学生の僕でもできたし、中には中学生でやっている人や、

70代の高齢になってから挑戦して稼げた人もたくさんいます。

 

ビジネスはギャンブルではないし、ちゃんとしたロジックがあるので

誰でもちゃんと学んで実践すれば必ずできます。

 

 

最初はは知識なんてゼロだと思うし、僕もそうでした。

コンテンツって何?
ネットビジネスってなに?え、資産?
仕組みを作って自動で稼ぐ?

と言う状態だったし、パソコンも苦手でタイピングもめちゃくちゃ遅かったです。

 

そんなゼロからでも、学んで実践すれば稼げるようになるし、才能は一切いりません。

 

僕がやったことは、

「ビジネスの型を学んで、それにしたがってコンテンツを作った」

たったこれだけだし、これでお金を稼ぐことができました。

 

僕のメルマガでは、コンテンツや資産、仕組み化に特化したビジネスの全体像や

個人でも稼ぐためのスキルや思考の全てをフルセットで伝えています。

もし興味があれば登録してみてください。

→こうせいの公式メールマガジン

ではでは。

 

電子書籍を無料でどうぞ

僕は現在、大学生をしながらビジネスで生計を立てています。

才能があったわけでもなく、環境に恵まれていたわけでもありません。
元々苦学生でお金がなく、
バイトでも仕事ができないヤツで有名でした。

そんな状況からビジネスに挑戦して、
空いている時間を使って真剣に取り組んだら
お金を稼ぐことができ、バイトも辞めることができ
日々の生活の充実度や自由度がかなり上がりました。

日々のビジネスを勉強する過程で、

ネットに仕組みを作る方法や、
仕事の生産力を高める方法
思考力を高める方法
戦略を立てる方法
コンテンツとメディアを駆使して価値を届ける方法

etc・・・

学校では絶対に教えてくれないことを
20歳を過ぎてから学ぶことができました。

これまでの自分の経験や体験を踏まえて、
たとえ才能がなかったとしても、環境が良くなかったとしても
正しく勉強して、知識を得て実践することができれば
誰であろうと資産を作りながら自由になれると胸を張って言えます。

 

そういった人たちが1人でも増えていけば
至るところで価値を生み出すことができる個人が増えて、
日本中がもっと面白くなり便利になり、
世の中はもっと面白く変わっていくはずです。

 

そんな理想を掲げて、
僕がこれまでの経験を元にして
全くゼロの状態からどのようにして今の状態になったのか?
そのプロセスを1冊の電子書籍にまとめてみました。

 

「ビジネスの世界への最初の教科書」として
ぜひ読んでみてください。
15分ほどあればサクッと読めてしまいます。

→電子書籍「真の自由と成功への道標」を読んでみる

メールアドレスを入力していただければ、すぐに読むことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です