イノベーションなんて起こさなくても問題ない。

こんにちは、こうせいです。

 

この前、友達と食事に行ってきたのですが、

そこで「ネットビジネスとか転売って起業じゃなくね?」

と言われてしまいました。

 

彼が言うには、世の中にイノベーションを起こしたり、

新たなサービスを開発したり、

今までになかった商品を生み出したりすることが

「起業家」でだし、起業することらしいのですよ。

 

まあ、一理あるのかも知れませんが、

それにしても起業に対するハードルが高すぎるし、

この偏見が日本には起業家が少ない

と言われる原因だなーーと。

 

だから、「転売」でも立派な起業だし、ビジネスです。

 

例えば、Amazonなんて今でこそみんなが知るような

大企業ですが、元々はたくさんの本を仕入れて売って利益を得る

いわゆる転売からスタートしたし

 

Facebookも学校内で使われていたマッチングアプリだったし、

Googleも論文を検索するためのシステムでした。

 

こんなのあったら良いなー

これがあれば喜ばれるかなー

と誰かが思って作ってみたら、意外と好評だった・・・

みたいな感じでしょう。

 

どんな巨大企業も最初は、小さいところからスタートしたし、

目の前の人の悩みを解決しただけです。

その繰り返しで、世の中に革命を起こせるようになったし、

僕らもここから始めるべきです。

 

 

僕は今は普通にネットビジネスをしていますけど

元々はバイト漬けの毎日を送っていたので、

お金を稼いで抜け出したい!なんでも良いから自由になりたい!

といった、超個人的な理由で始めました。

 

イノベーションを起こそう、とか微塵も思ったことはありません。笑

 

ブログとかメルマガ、Twitterなんかを使って

学んだことをコツコツと発信しただけだし、

初めはまじでしょぼい文章でした。

 

そんな小さいブログでも少しづるみてくれる人が増えてきて、

もっと知りたい!と言う人も出てきたので

商品を作って教材を販売してみました。

 

すると、利益が上がるようになり、

そこから仕組みを作っていき、自動化もできるようになりました。

 

やっていることは文章を書くこと、動画をとること、くらいだし

地味なことしかしていませんが、

それでもお金を生み出すことができるし

僕はこれも立派な起業だと思っています。

 

 

まあ、確かにイノベーションを起こす!とか

今までになかったサービスを作る!とかは夢があるし

綺麗なオフィスなんかも構えて、なんだからキラキラしていますが、

それだけライバルもたくさんいます。

 

初期費用とか馬鹿にならないほど高いし、

やってやるぜ!!でベンチャー挑戦したみたけど、何もできずに

一瞬で倒産まで追い込まれた・・・

 

なんてのはビジネスの世界ではあるあるです。

 

こんな失敗談ばかりが語られるから、起業=難しい、

みたいなイメージが定着するんだと思います。

 

そもそも新しいものを求めなくても、いい気がするし、

新しい物を生み出すのは相当大変です。

 

今まで世になかったものを出すわけだし、僕であれば

ブログの立ち上げ方がわからない、契約ってどうするの?

プラグインって何よ?と言うかパソコンの使い方がよくわからん・・・

みたいな状態ですよ。

 

だから、相当な覚悟とか信念がいると思うし、

自分1人ではできないので優秀な仲間も多く必要です。

 

 

僕はブログとメルマガで稼いでいますが、

見た目とかは飽和しているように感じるし、

オワコンって言われているようなメディアです。

 

それでも稼げているし、年間数億円規模で荒稼ぎしている人は結構いらっしゃいます。

(そもそも誰がオワコンなんて言ったんだww)

 

僕もネットでお金を稼いでいるので、起業家なのかも知れませんが

キレイなオフィスがあるわけでもなく、作業もほとんど1人です。

 

場所も自宅、カフェ、学校の図書館だし

やっていることはMacbookをカタカタしているだけです。

今はコーヒーをすすりながらちょっとカッコつけて書いています。笑

 

起業家の人とたまにあったりとか、スカイプしたりしますが、

一緒にしているわけではないし、仕事自体は1人で完結できるので

情報交換程度です。

 

やっていることは地味ですが、イノベーションを起こすのであれば

地味なことをしている先にあると思うし、

別にネットビジネスを始めるきっかけなんて、何でもいいんですよ。

 

お金がほしい、もっと稼ぎたいな。

モテたいし、何か新しいことに挑戦したいな。

よし、ネットビジネスでもやってみるか〜。

 

 

これくらいで十分です。

 

 

特別なものじゃないといけないとか、

この起業はよくてこの起業は悪いみたいなものは、

どーーでもいいし気にしなくてOKです。

 

世界を救いたい!とかイノベーションを起こしたい!とか

考える暇があれば、地味なことをコツコツやって

まずは小さくでいいから始めた方がいいし、

目の前の小さな問題でも解説した方がよっぽど世の中のタメになります。

 

 

まだまだ、起業=難しい、危険、怪しい、みたいなイメージがありますが、

少しでもネガティヴなイメージを無くせば

自然とイノベーションも生まれるのかなと。

 

僕もそうなれるように、精進してきたいと思います。

 

電子書籍を無料でどうぞ

僕は現在、大学生をしながらビジネスで生計を立てています。

才能があったわけでもなく、環境に恵まれていたわけでもありません。
元々苦学生でお金がなく、
バイトでも仕事ができないヤツで有名でした。

そんな状況からビジネスに挑戦して、
空いている時間を使って真剣に取り組んだら
お金を稼ぐことができ、バイトも辞めることができ
日々の生活の充実度や自由度がかなり上がりました。

日々のビジネスを勉強する過程で、

ネットに仕組みを作る方法や、
仕事の生産力を高める方法
思考力を高める方法
戦略を立てる方法
コンテンツとメディアを駆使して価値を届ける方法

etc・・・

学校では絶対に教えてくれないことを
20歳を過ぎてから学ぶことができました。

これまでの自分の経験や体験を踏まえて、
たとえ才能がなかったとしても、環境が良くなかったとしても
正しく勉強して、知識を得て実践することができれば
誰であろうと資産を作りながら自由になれると胸を張って言えます。

 

そういった人たちが1人でも増えていけば
至るところで価値を生み出すことができる個人が増えて、
日本中がもっと面白くなり便利になり、
世の中はもっと面白く変わっていくはずです。

 

そんな理想を掲げて、
僕がこれまでの経験を元にして
全くゼロの状態からどのようにして今の状態になったのか?
そのプロセスを1冊の電子書籍にまとめてみました。

 

「ビジネスの世界への最初の教科書」として
ぜひ読んでみてください。
15分ほどあればサクッと読めてしまいます。

→電子書籍「真の自由と成功への道標」を読んでみる

メールアドレスを入力していただければ、すぐに読むことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です