アイドルから学ぶ、ネットビジネスの在り方

こんにちは、こうせいです。

今回はアイドルとビジネスについて語っていきます。

 

ちなみに僕は、今は全然ですが、大学受験の時には

アイドルが好きで特に乃木坂46が好きでした。

 

推しメンは白石麻衣さんで、確か写真集の発売が

ちょうど受験日くらいだったので、

写真集を買うために必死に勉強していました。

 

「絶対に試験が終わったら買う!」と心に決めて、

モチベーションにしていました。

 

 

よく受験は団体戦だ!!とか言いますけど、僕は田舎の学校で

同級生で大学に進学する人も少ないし、ましてや国立を受けるのは

僕ともう1人だけだったので心細かったんです。

 

周りが就職とか専門学校が決まって遊んでいる中で

僕は黙々と勉強する毎日・・・

なんだか虚しかったような記憶があります。

 

そのころの僕の原動力は白石麻衣さんだったし

彼女のおかげで受験勉強を頑張れたのかも知れません。笑

 

 

今はテレビとかほとんど見なくなってしまったので

前ほどのファンではなくなりました。

ビジネスの方が大事だし楽しいのでね。

 

で、今回は日本のアイドルからビジネスの在り方を見ていきたいと思います。

 

日本のアイドルを見ればビジネスがわかる?

 

日本という国において、

アイドルという存在はかなりの影響力を持っています。

昭和から平成まで時代を席巻してきました。

 

別に僕がアイドルオタクだからというわけではないですが、

アイドルの変遷を見ていれば、

時代の流れを感じてもらえるかなと。

 

 

今回取り上げるのは、「モーニング娘」と「AKB48」です。

どちらも全盛期には、

メディアに引っ張りだこでテレビで見ない日は無かったと思います。

モーニング娘は、僕が幼稚園くらいで、

中学生くらいのときにAKB48が流行っていました。(たぶん)

 

 

小学生のときの運動会では、

ダンスを踊らされてそのときにモーニング娘の曲を

イヤイヤ踊ったような記憶があります。

(ファンの人ごめんなさい)

 

 

AKB48も小中学生くらいのときに流行って、

みんな隠れて写真集なんかを学校に持ってきて

休み時間に読んだりしていました。

もちろん先生に見つかって怒られるところまでしっかりです。

 

 

で、ここからが本題ですが、この二つのアイドルですが、

ブランディングという視点で見ると、意外と学びになったりします。

 

モーニング娘は、メンバーが固定されていて不動の地位を築き上げていきました。

本当にザ・アイドルという感じです。

世界観が固定されているから、みんなそこに惹かれていきます。

 

 

アイドル本人達とお客さんの距離感はというと、かなり遠い印象です。

距離が遠いから、「神」のようなブランディングをする事が出来ます。

 

ちゃんと存在しているのかな?くらいの遠い距離感です。

 

神格化されているから、彼女たちと会えるのは数少ないライブくらいです。

だから、ファンはそこに殺到するし、

口コミで人気はドンドン急上昇していきました。

 

 

それに対して、AKB48はメンバーやリーダーがころころ変化していきます。

AKB48という名前は変わらないけど、中に入っている人が変わっていくから

世界観も変化していきます。

 

それぞれの物語があり、まずそこにファンがついていき、

さらにグループ全体としての物語も付与されていきます。

 

モーニング娘と違う点は、従来にはない「お客さんとの圧倒的な近さ」です。

 

 

距離感がものすごく近いから、

以前まではライブくらいでしか会えなかったのに

握手会に行けば必ず会えます。

 

ましてやテレビ越しで見ていた本人が、

自分に対してニコニコしながら握手をしてくれて話しかけてくれるんですよね。

ファンの人にとっては、たまらんでしょう。

 

僕の友達もアイドルの握手会にはこぞって参加していますが、

本人たちは大満足で帰ってくるし、

さらに好きになったわ!と毎回のように言っています。

 

アイドルの在り方が変わった原因とビジネス

 

どうして、こんな変遷が起きていったのかというと

SNSの台頭が大きいです。

SNSのよって、今までの神格化されたブランドの形成が難しくなってきたんです。

 

フラットで双方向からのやりとりが可能になってきて

より見ている人が人間性というモノを重視し始めました。

 

これはビジネスでも同じ変遷がおきていると思っていて、

今までは、ぶっちゃけ取り繕って情報発信をしていってもバレなかったんです。

 

 

例えば、月収100万突破しています!というブランディングで

実際には、20万くらいでも人を集める事が出来たし、

教える内容は月収100万突破した人から得た情報を

コピーして渡せばよかったんです。(これがいわゆるコピペビジネスです)

 

 

今、考えるとこんなビジネスで稼げるわけないし、

そもそもビジネスって言って良いのか?くらいのレベルですね。笑

 

 

でも、時間が経つごとに

ノウハウやテクニックが少しづつ少しづつ陳腐化していきました。

月収100万です!とかじゃ

人が集まらなくってくる時代に変化しようとしているし、

2020年現在では、もうそうなっています。

 

 

そこで大事になってくるのが、人間性からくる愛着です。

AKB48のような近い距離感で

ビジネスを進めていく必要性がだんだん出てきました。

 

だから、まずはありのままの自分を見せることが必要になってきます。

 

 

これは、家でダラダラしてゲームばっかりしているとか、

漫画ばかり読んでいるとか

ケータイばかりいじくっているとかそういうありのままではなくて

「高い状態を目指してやっている」というありのままです。

 

 

・まずは稼ぐスキルを身につけて、自由になろう

・会社に縛られない生き方をして、好きなことに没頭しよう

・時代に流されない人になろう

・世界中のどこにいても価値を生み出せる人間になろう

・・・・・・

といった理想の世界を目指し続けていく姿勢のことですね。

 

 

もし、自分の素がよくなかったら、

その部分の改善からしていく必要があります。

 

僕も最初は知識も何もかもゼロでしたが、

ちゃんと勉強すれば情報発信はできるし、

知識を身につけて行動していけば、

ビジネスも大きくなり、人間性も高まっていきます。

 

まずは自分が勉強すること、そして一緒に高みを目指していく過程を

ブログとかメルマガ、Youtube、SNSなどで発信していけば

仕組みが出来上がっていき、ファンが生まれていきます。

 

やることの本質はいつの時代も変わらない

時代背景は変わりましたが、

僕らが個人でも稼ぐスキルを身につける本質はなんら変わりません。

 

「勉強して知識を学び、実践していくこと」

この繰り返しで稼げるようになるし、月収100万とか1000万、1億の世界に

飛び込むことができます。

 

今までは起業のハードルなんて限りなく高くて、

一部の天才にしかできないような芸当でした。

しかし、インターネットが出てきて誰もがビジネスに挑戦できるし、

固定費も月2000円ほどで始められるようになりました。

 

しかもやっていることは全然難しいことではないし

ブログ書いたり、メルマガ書いたり、Youtube撮ったりで

かなり地味だし、誰でも勉強して慣れていけば必ずできることです。

 

 

まあ、地味だからこそ挑戦しても諦める人が多くいるのですが、

だからこそ僕のようなただの凡人が勝てるし、

どんなに底辺にいるような人でも、ちゃんと勉強して実践すれば

大逆転を起こすことができます。

 

こんなにコスパよく自分の人生を変えることができるビジネスって

他にないんじゃないですかね?笑

 

で、やっぱり稼いでいる人ってカッコいいし

「この人全然違う!」っていうオーラとかエネルギーに

満ち溢れています。

 

僕もそんな人間になりたいので、コツコツと地味なことをやっています。

 

ただの学生でも、ネットでお金を生み出すことはできるし、

それで生活することだってできてしまいます。」

 

僕もまだまだ知識不足、勉強不足なので、

これからいろんな人にあったり、本を読んだり、勉強したりして

自分の実力を磨いていきたいし、

 

あなたもまずは稼ぐスキルを身につけて、

自分のやりたいことに没頭して、

人生を謳歌できるようになってほしいです。

 

ぜひ一緒にがんばっていきましょう!

 

ということで、今回はアイドルとビジネスの関係性を見ていきました。

ではでは〜

 

電子書籍を無料でどうぞ

僕は現在、大学生をしながらビジネスで生計を立てています。

才能があったわけでもなく、環境に恵まれていたわけでもありません。
元々苦学生でお金がなく、
バイトでも仕事ができないヤツで有名でした。

そんな状況からビジネスに挑戦して、
空いている時間を使って真剣に取り組んだら
お金を稼ぐことができ、バイトも辞めることができ
日々の生活の充実度や自由度がかなり上がりました。

日々のビジネスを勉強する過程で、

ネットに仕組みを作る方法や、
仕事の生産力を高める方法
思考力を高める方法
戦略を立てる方法
コンテンツとメディアを駆使して価値を届ける方法

etc・・・

学校では絶対に教えてくれないことを
20歳を過ぎてから学ぶことができました。

これまでの自分の経験や体験を踏まえて、
たとえ才能がなかったとしても、環境が良くなかったとしても
正しく勉強して、知識を得て実践することができれば
誰であろうと資産を作りながら自由になれると胸を張って言えます。

 

そういった人たちが1人でも増えていけば
至るところで価値を生み出すことができる個人が増えて、
日本中がもっと面白くなり便利になり、
世の中はもっと面白く変わっていくはずです。

 

そんな理想を掲げて、
僕がこれまでの経験を元にして
全くゼロの状態からどのようにして今の状態になったのか?
そのプロセスを1冊の電子書籍にまとめてみました。

 

「ビジネスの世界への最初の教科書」として
ぜひ読んでみてください。
15分ほどあればサクッと読めてしまいます。

→電子書籍「真の自由と成功への道標」を読んでみる

メールアドレスを入力していただければ、すぐに読むことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です