【書評】『GRITやり抜く力』成功するための必要なのは、努力だけだった件

どうも、こうせいです。

今回は「GRITやり抜く力」という本を読んだので

そのレビューを書いていきたいと思います。

 

だいたいタイトルからして、続ける事の重要性とか

最後まで粘り強く頑張れ!といった内容になっているんだろうなー

と感じると思いますが、読んでみるとかなり価値観が変わります。

 

・今まで目標を立てても達成できなかった人

・今まで挫折した経験がある人

・仕事や趣味で続けたいことがある人

 

は考え方が変わるし、勇気も貰えたりします。

 

GRITとは何か?

 

本書のタイトルにもなっているGRITとは、

・情熱

・粘り強さ

のことを指します。

 

要はこの二つによってやり抜く力が決められるということです。

そして、このGRIT(やり抜く力)の能力が高い人ほど

 

仕事であれば、大きな成功を収めることができたり、

アスリートであれば、厳しい訓練を乗り越えることができたり

子供であれば激しい受験戦争で生き残ることができたりと

充実した結果を生み出すことができています。

 

 

確かに「努力が大事だ!」「努力は報われる!」という言葉は、

多くの自己啓発本などに書かれてはいますが、

僕らはどうしても努力よりも才能に目が行ってしまう生き物です。

 

何か結果を残した人を見ると、

才能があったに違いない、恵まれた環境で育ったからだ

と自分の努力を棚に上げてしまいがちです。

 

そっちの方が楽だし、居心地がいいからですね。

 

 

しかし、本書では結果を出すためには

才能は要素の一つでしかないと断言しています。

 

 

ビジネスには才能なんていらない

 

本書には、様々なデータを元にして

才能と結果にはそれほど深い相関関係がなく

才能はそれほど重要ではないと結論づけています。

 

「情熱」と「粘り強さ」を持つ人が結果を出す。

過酷な試練や困難を乗り越え、目的を達成する。

そのためにもっとも必要なのは、生まれ持った才能でも、頭の良さでもありません。

 「絶対にあきらめない」という態度です。

さらに本書では、成果に関する公式が出てきます。それが

スキル=才能×努力 達成=スキル×努力

つまり、達成や成果=才能×努力×努力

 

 

才能は確かに土台にはなるけれど、一番カギを握っていることは

努力だったりやり抜く力にあるよ、ということですね。

 

ただ、僕はビジネスの世界では、ちょっと違うと思っていて、

本当に実力の世界だし、才能なんていらないなと。

 

まさに、成果=努力×努力×努力×努力×努力×努力くらいです。

 

稼いでいる人はみんな裏では、

数々の失敗をしてきているし、そこから改善を続けているし、

それを見せているのかいないかの違いです。

 

絶対に裏でやってます。間違いない。

 

 

確かに「自動で収益が上がる仕組み」って聞いたり、

「自由に場所と時間に縛られずに個人でも大金を稼ぐ」となると、

華々しいイメージはありますよ。

 

ただ、自由気ままに生活しているような起業家の人も

家ではコツコツとブログを書いたり、メルマガ書いたり、動画撮ったり・・・

やっていることは本当に地味です。

 

例えば、最近ブログとかYoutubeで有名な

マナブさんの動画を見たんですけど、

 

ちゃんと裏では1人で黙々とパソコンに座って

動画編集やっているんだろうな・・・

とか想像してしまって、なんか勝手に共感している自分がいました。

 

 

まあ、すぐに稼げるわけではないし、

最初にある程度の量とか必要だからこそ、

辞めてしまう人が多い業界なんですけど、

これってチャンスだと思っていて、

 

粘り強くやっていくだけ、続けていくだけでも

ライバルは激減するし、コンテンツが積み重なっていくし、

収入を生み出す仕組みも出来上がっていきます。

 

 

だから、才能なんて1ミリもいらない。

僕の大事にしている考え方だし、死ぬまでずっといい続けていきます。笑

 

 

GRITを身につける方法

 

ここまではGRITとは何か?と

成果を成功を収めるには、努力が一番の要素だということでした。

 

では、GRIT(やり抜く力)を身につけるにはどうしたらいいのか?

 

それは至ってシンプルです。

1、興味⇒自分のしていることを心から楽しめるか?を大事にする

2,練習⇒昨日の自分よりも成長しているか?を逐一確認する

3、目的⇒自分の仕事や役割が重要だと確信する、揺るぎない目標をもつ

4,希望⇒困難にぶち当たっても、ひたすらに自分の道を歩み続ける

 

この4つの段階で、自分の中のやり抜く力が鍛えられて

物事を続けることができるようになります。

もっと詳しいことは本書に書いているので、ぜひ買って読んでみてください。

 

僕が一番大切だと感じたのは、実際にやり抜く力を発揮するときもそうですが

揺るぎない上位の目的を設定することです。

 

 

僕であえば、スキルを磨いて際限なく価値を生み出す

という高い目標を掲げていますが、

目標を設定している以上は達成しないといけないと感じるし

一人でも多くの人を巻き込んで理想の世界を目指していきたいと思っています。

 

 

だから、毎日勉強するし、作業するし、

もっと価値を届けられるような、魅力的な人間になりたい。

ビジネスは知識と思考が全てなので、そこを鍛えるために

教材も何度も聞き込んだり、作業しまくったりしています。

 

これがもし、

ダイエットであれば、痩せて異性が振り返るような魅力的な人間に近づく

スポーツであれば、プロになることを目指して日々の練習に打ちこむ

仕事であれば、将来独立してフリーランスとして働くために勉強をする

 

などなど

あなたがもし何か取り組み続けていきたい!と感じるモノがあれば

上位の揺るぎない目的を立てると良いかもしれないです。

 

 

補足:GRITともう一つの大切なこと

 

本書を読んでやり抜く力、「GRIT」が大事だ

ということが耳にタコができるくらい出てくるので

実際に読んでみればモチベーションも上がるのではないかと思います。

 

しかし、GRITともう一つ大事なことがあって

それが正しい方向で取り組んでいるか?ということです。

 

間違った方向に努力していても、

結果が達成されることを永遠にありえません。

 

 

僕もこのメディアを立ち上げる前には、幾度となく失敗してきたし、

稼げない時期が長く続いていたし、

何より僕は凡人なので、上手くいくことの方が少ないです。

 

だからいつも勉強して実践しての繰り返しです。

 

その経験から言えることは、

「努力は正しい方向を向かないと普通に裏切ること」

 

努力は必ず報われる、なんてよく聞きますが、あんなの大嘘です。

ずっっっとやり続けていけば、結果は出るでしょうが、

どうせやるなら最短最速で成功したい。

 

だから、正しい努力にこだわるし、

正しい方向に進むためにも、これまた知識が必要だから

今でも勉強するし、僕は多分死ぬまで学び続けていくんだと思います。

(そっちの方が明らかに楽しい)

 

学んで知識を得て、実践して改善する、

これを繰り返せば成功できるじゃん!!と強く思わせてくれた1冊でした。

 

ということで、今回はこの辺で。

 

電子書籍を無料でどうぞ

僕は現在、大学生をしながらビジネスで生計を立てています。

才能があったわけでもなく、環境に恵まれていたわけでもありません。
元々苦学生でお金がなく、
バイトでも仕事ができないヤツで有名でした。


そんな状況からビジネスに挑戦して、
空いている時間を使って真剣に取り組んだら
お金を稼ぐことができ、バイトも辞めることができ
日々の生活の充実度や自由度がかなり上がりました。



日々のビジネスを勉強する過程で、

ネットに仕組みを作る方法や、
仕事の生産力を高める方法
思考力を高める方法
戦略を立てる方法
コンテンツとメディアを駆使して価値を届ける方法

etc・・・

学校では絶対に教えてくれないことを
20歳を過ぎてから学ぶことができました。


これまでの自分の経験や体験を踏まえて、
たとえ才能がなかったとしても、環境が良くなかったとしても
正しく勉強して、知識を得て実践することができれば
誰であろうと資産を作りながら自由になれると胸を張って言えます。

 

そういった人たちが1人でも増えていけば
至るところで価値を生み出すことができる個人が増えて、
日本中がもっと面白くなり便利になり、
世の中はもっと面白く変わっていくはずです。

 

そんな理想を掲げて、
僕がこれまでの経験を元にして
全くゼロの状態からどのようにして今の状態になったのか?
そのプロセスを1冊の電子書籍にまとめてみました。

 

「ビジネスの世界への最初の教科書」として
ぜひ読んでみてください。
15分ほどあればサクッと読めてしまいます。

→電子書籍「真の自由と成功への道標」を読んでみる

メールアドレスを入力していただければ、すぐに読むことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です