【書評】岡本太郎さんの「自分の中に毒を持て」を読んでみた感想

どうも、こうせいです。

 

最近、岡本太郎さんの自分の中に毒を読んだのですが、

内容があまりにも熱すぎて、モチベーションが爆上がりしたので

こうして記事にして書いています。

 

ジャンル的には自己啓発なんでしょうが、

その辺にある自己啓発よりもずっとためになるし、

岡本太郎さんの人生観がふんだんに詰め込まれていて、

読んでいても飽きずスイスイ読めてしまう1冊です。

 

著者の岡本太郎とはどんな人?

 

岡本太郎さんは日本を代表する芸術家で、

大阪万国博覧会で発表された「太陽の塔」が

あまりにも有名すぎる方です。

 

両親が漫画家と小説家という芸術一家に育ち、

小さい頃から負けず嫌いでみんなと同じになることを嫌う頑固者でした。

学校の勉強なんて一切せずに絵を描くことに夢中だったようです。

 

その後フランスへの留学や戦争体験を経て、

当時、周りの日本人が薄い濃淡のある絵画ばかりを書いている中で

岡本太郎ただ1人だけは、原色を使った派手な色調の絵を書き始めました。

 

 

周りの人間から避難を浴びますが、そんなことは一切に気にせずに

自分の作品を描き続けて、さらには、新聞で

「絵画の石器時代は終わった。新しい芸術は岡本太郎から始まる」と宣言して

日本美術界に衝撃を与えました。

 

まさに、人の目なんて気にせずに

「時代は俺から始まるんだ!」と言わんばかりの行動です。

 

その後も自分のスタイルを崩さずに、他の人とは一風違った作品を描き続けて、

「芸術は爆発だ!」という名言も残し、その年の流行語にも選ばれています。

そんな中、晩年に出されたのが、「自分の中に毒を持て」です。

 

何度でも心を動かされる言葉

 

この本のいいところは、岡本太郎の人生観が詰まっているので、

熱い言葉が散りばめられているので、いくらでも前向きになれます。

 

僕はこれまで自己啓発本は100冊くらい読んできましたが、

書かれていることは大体、「行動しろ」「感謝しろ」といった内容です。

 

ただ、この本は岡本太郎の生き様が映し出されているのか、

読んでいてすごく気持ちがいいし、

そのへんの自己啓発とは違うな、、、と感じました。

 

僕がこの本の中で一番印象に残った部分は、

岡本太郎が戦後に、周りが暗い色調ばかりで絵を書いている中で

彼だけはフランスで感動を受けた原色をふんだんに使った作品を出し続けて

周りからバッシングを受けているときに、言っていた言葉です。

 

戦後、僕が猛烈に戦い始めた頃、親しい友人や行為的なジャーナリストは真剣に忠告してくれた。

「あなたのようなことを言ったりやったりしたら、この社会から消されてしまいますよ。西洋なら別だが、日本では通らない」

ずいぶん何度もそう言ったいさめられた。僕は答えた。

「消されるなら、それで結構。とことんまで闘うよ。」

 

もう、かっこ良すぎですよ・・・。

 

いかに彼が自分の信念を持って、芸術と向き合っていたのかがわかる言葉だと思います。

 

僕は初めてこの言葉をみたときに、

心が痺れたし、自分を曲げずに人に媚びずに生きる姿に感動しました。

 

自分もやりたいことを全力になって夢中になって取り組める、

そんな大人になりたい!と思ったのを

今でもよく覚えているし、この言葉をみるたびに元気になれます。

 

岡本太郎は本当に絵を描くことが生きがいであり、

本当に好きなんだろうなと思いました。

 

「自分の中に毒を持て」から学ぶたった1つの信念

 

この本で一貫して書かれている主張は、

「常識人間を捨てて、他人の敷いたレールを走るのを辞めること」

ここに尽きるのかなと思います。

 

この本のサブタイトルには、あなたは”常識人間”を捨てられるか?と書かれてあるように

日本人は変わっている人や物に敏感だし、

特に自分の常識とか価値観の範囲外にあるとすぐに批判したがります。

 

世間の常識とか周りの評価を大事にするし、

周りの空気とか雰囲気に飲まれてしまって、

自分のやりたいことにも蓋をする人が多い印象です。

 

実際に僕もそうでした。

 

周りの空気に飲み込まれやすいタイプで、いつもいつも誰かに振り回されていたし、

自分で道を選んだことがほとんどありません。

 

高校だった親に言われたから地元の高校に行ったし、

大学だって先生に勧められたから入っただけだし、

誰かの基準で作られたテストの問題を解いて点数を競っていたし、

周りが就職するから自分も就職しようかな。。。と流されてばかりだし、

 

今考えると、常に誰かのレールに敷かれた人生を送っていただけだったように思います。

 

ただ、岡本太郎さんは違いました。

何よりも自分がしたいこと、やりたいことに全力を注いでいたし、

外野の声なんで全然気にしていせんでした。

 

周りから馬鹿にされても、

自分の一生懸命かいた絵をひどく批判されても、

戦争で自分の作品が全て燃えてなくなってしまっても、

 

何度でも何度でも立ち上がっていきました。

自分の人生なんだから、自分で決めるんだ!!と常識に縛られない考え方は、

多くの人が憧れるような最高の生き様だと思います。

 

僕がビジネスを始めた時も、周りからいろいろ言われました。

「ただ大学生が起業してうまくいくなんて滅多にない」

「ましてや、お前が起業するなんて成功するわけがない」

「こうせいが何か怪しいことを始めたらしいよww」

 

当時は何も結果が出ていなかったので、言い返すことができずに

悔しかったし、自分が情けないと思っていました。

 

絶対に成果を出して、成功するんだ!!と固く心に誓いました。

 

僕はそこからかなり大きな回り道をしてきましたが、

今では、ネットで1人にお金を稼ぐスキルを磨き、バイトも辞めることができました。

将来は起業家として独立して生きていくために、毎日楽しみながら仕事をして

資産をコツコツと作っています。

 

今まで誰かの敷いたレールを上を走ってきたし、

そこに対してなんの疑問も持ちませんでしたが、ネットビジネスを始めたことは

僕自身がした決断だったし、”常識人間を捨てることができた”人生初の瞬間でした。

 

結果を出してからは、何も言われなくなったし、

時には教えて欲しい。。。とお願いされるまでになったし、

人の評価って本当に曖昧なんだなと感じました。

 

 

みんなと同じ選択をしていたら、みんなと同じにしかなりません。

 

僕ら日本人は、朝早くから会社にいき、仕事をこなして、帰宅して、

テレビとかスマホで時間を潰して寝る。そしてまた忙しい朝を迎える・・・

といった誰かに雇われて、サラリーマンとして生きることが常識だと思っています。

 

でも、世界は広いです。

ビジネスで結果を出している人の中には、僕のような大学生なんてゴロゴロいるし、

20代で年収1000万円クラスならもっといます。

 

彼らに共通していることは、何かに所属してお金をもらうという常識に縛られず

自分でお金を生み出せる力をつけたこと。これだけです。

別にネット上でビジネスをするのであれば才能なんていらないし、

努力でどうにでもなるような実力主義、努力主義の世界です。

 

僕もこの世界でもっともっと成長したいと思っているし、

常識に縛られずに、自分のやりたいことに妥協なく取り組める

そんな魅力的でカッコイイ大人になりたいと強く感じました。

 

「自分の中に毒を持て」まとめ

 

今回は、自分の中に毒を持てを読んでみました。

この本には芸術家、岡本太郎の人生そのものが詰まっていて、

きっと多くの人が感動できるし、勇気をもらえる1冊だと思います。

 

僕なりに一言で言い表すと、

「常識を捨てて、他人の敷いたレールを走るのを辞めること」

ですね。

 

常識人間をやめて、なんならレールを自分作る側になってしまいましょう。

ではでは。

 

電子書籍を無料でどうぞ

僕は現在、大学生をしながらビジネスで生計を立てています。

才能があったわけでもなく、環境に恵まれていたわけでもありません。
元々苦学生でお金がなく、
バイトでも仕事ができないヤツで有名でした。

そんな状況からビジネスに挑戦して、
空いている時間を使って真剣に取り組んだら
お金を稼ぐことができ、バイトも辞めることができ
日々の生活の充実度や自由度がかなり上がりました。

日々のビジネスを勉強する過程で、

ネットに仕組みを作る方法や、
仕事の生産力を高める方法
思考力を高める方法
戦略を立てる方法
コンテンツとメディアを駆使して価値を届ける方法

etc・・・

学校では絶対に教えてくれないことを
20歳を過ぎてから学ぶことができました。

これまでの自分の経験や体験を踏まえて、
たとえ才能がなかったとしても、環境が良くなかったとしても
正しく勉強して、知識を得て実践することができれば
誰であろうと資産を作りながら自由になれると胸を張って言えます。

 

そういった人たちが1人でも増えていけば
至るところで価値を生み出すことができる個人が増えて、
日本中がもっと面白くなり便利になり、
世の中はもっと面白く変わっていくはずです。

 

そんな理想を掲げて、
僕がこれまでの経験を元にして
全くゼロの状態からどのようにして今の状態になったのか?
そのプロセスを1冊の電子書籍にまとめてみました。

 

「ビジネスの世界への最初の教科書」として
ぜひ読んでみてください。
15分ほどあればサクッと読めてしまいます。

→電子書籍「真の自由と成功への道標」を読んでみる

メールアドレスを入力していただければ、すぐに読むことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です